仕事内容の優先順位

多忙を極める中で、仕事のできる教員とそうでない教員にはどのような違いがあるのでしょうか。

授業準備等に関して、教科間の差は必ず存在すると思います。

自分の経験上授業準備自体に比較的余裕があるのが数学と社会でしょうか。



数学はコツをつかみ経験を積むと授業準備がほぼなくてもかなり良い授業ができている先生もいます。

もちろんそれ以上にこだわり抜き、毎年授業準備をさらに綿密に行うことも大切なのでしょうが、実際にはそうではなくとも生徒からの評判も良く教員が見ても素晴らしいものの準備時間はほぼゼロという先生を何人か見てきました。

その分質問の対応時間や提出された課題を山積みにされていることが多いのが数学科の先生の私の勝手な印象です。



社会は歴史系や地理系などは常に教材の使いまわしというかブラッシュアップが可能なため、教材準備を効率良くされている方が多いと思います。

しかしながら社会の先生方は生徒からの提出物をじっくり見て丁寧なコメントをされたり、常により良い授業つくりに向けて研鑽されている先生が多い印象です。



そんな中英語はというと、肝心の英文自体が常に変化するのでいつも授業準備は一から行う感覚が強いです。

実際そのことをもって「英語科は教材研究が大変だから、分掌の仕事は無理、他教科の先生たちでやるべき」とおっしゃる先生は前任校には多数いらっしゃいました。



それぞれの教科を担当したことがある経験から思うのが、その先生の言葉は一部正しいですが、基本は間違っています。

また、ほとんどすべての数学と社会の先生は、英語科教員の「教材研究が大変だから」という言葉に反発をされます。

数学も、社会も、教材研究は常に行っていて大変だ、変わらない、と。



実際は「数学と社会の授業は手を抜こうと思えばいくらでも抜ける。毎年同じ授業を行っても授業が成立するから。でも実際にそんな先生は一部であり、ほとんどの先生が常に教材研究を行い、毎年授業をブラッシュアップされている」なのだと思います。

逆に英語に関しては、「サボって楽をしようと思っても、英文自体が変わるので、最低限教材研究が義務付けられるのが英語である。」という風に、最低ラインが他教科よりは高めということだと思います。



どちらの教科であっても上限は無限大のため、いくらでも授業にはこだわることができます。

しかし最低ライン、準備の下限は確かに英語は他教科よりも少し高いのかもしれません。






教員の仕事は常に計画的に優先順位をつけて行う必要があります。

授業の空き時間や放課後の時間をどのように活用して仕事をこなしていくかはまさにタイムマネジメントが求められる課題でしょう。

目の前の仕事に追われるばかりでは常に生徒対応等に追われ、会議や部活動の指導も含めると実質エンドレスな仕事量を遅い時間までこなすことになってしまいます。



GWや夏休み、冬休みなどの時期は授業がない分早い帰宅が期待できますが、そこでまたのんびりして学期が始まるとまた自転車操業という先生もよく見受けられます。

同様でテスト期間中や土曜日など比較的時間がある時期に同様にここぞとばかりにのんびりして、後日また忙しさに追われている先生も見受けられます。



目の前のやらなければいけないこと、にばかり追われていては良質の仕事はできません。

すぐにやらなければいけない訳ではないが、やったほうが良い様々な仕事をなるべく多く行うことで常に仕事の貯金のようなものを作っていけるかはとても大切なことかと思います。

目の前の仕事に忙殺されている先生は


1.長期的なスパンで計画的な仕事の実践
2.仕事の効率化


などに取り組まれることが大切なのかもしれません。

[PR]
# by shun-sensei | 2017-10-14 09:52 | 中高一貫校職場関係 | Trackback | Comments(0)

前回に引き続き、駿台予備校の武富先生による一橋大入試問題研究会の報告をしたいと思います。


まずは英作文から。

一橋大学の自由英作文はここ数年かなり変更が多いです。

2000年ころから120~150語の本格的な自由英作文を課していて、かなり難しいテーマを出していたころもありました。

3問から選択なので、受験生は難しいテーマを避けて書けばいいだけなのですが、大学側の求める力の一つの目安としてやはり出題が印象的でした。

しかし準備された答案に当てはめられるのを嫌うのが東大と一橋大であり、どちらも準備した英文を書くのは不可能な出題となっている。

一橋大は昨年は絵を見てそれを描写するというもの。

評価は内容面に関してはおそらく行われておらず、あくまで英語表現面での評価だろう。

今年度はさらに特殊な出題で、しかも手紙を書くという形式。

受験生が一番選んだのが1のテーマで、3のテーマがそれに続きます。


はっきりと武富先生は「もうお手上げ」とおっしゃっていました。

一瞬その言葉の意味を理解できなかったのですが、先生はおそらく事前に準備をするような指導をイメージされているようで、それに関して「もうお手上げ」とのことのようでした。

センテンス単位でのインプットを行うトレーニングが必要とのことで、外大の要約パターンや東大が2016年に出題した続きを書かせるパターンを紹介されていました。

議論型から創作型へ明らかにシフトしているので、できる指導は限られてくるのかもしれません。



最後にリスニングです。

恥ずかしながらなかなかリスニング問題まで研究はできていませんでしたが、今回音声のイメージを聞かせていただけました。

まず一橋大のリスニングはディクテーションに近いのが特徴です。

3問の出題に対して3回も英文は読まれるので、いかに聞き取ってそれを書けるかが勝負のよう。

スピードはかなりゆっくりで、本校の生徒ならかなり高得点が取れるだろうなと思いました。

なお、今春はちょっとしたミスが大学側からあり、少し貴重なものが見えたようです。

とても参考になる情報をいただけました。

なお、ディクテーションに近いので、リスニング力だけでなく、スペルや文法力も見ているのでしょう。

大問と大問の間は1分程度の間があるので、そこで答案を完成させる必要性があります。

なお、聞くだけが通用するのはセンターレベルであり、この大学のレベルになると、聞きながらあれこれを行うような力が大切とのこと。

センター第4問Bをアレンジすると良い練習問題が作れるとのことでした。




さて、ライティングに関しては指導の根本的な考え方の違いを実感させられました。

短期で結果を出すために、出される表現を準備するような対策を考える予備校に対して、学校ではやはりどんな場面であってもどんな内容でも英語で書ける力の養成を目指します。

そんな学校からすると近年の一橋大の英作文の出題は取り組みやすいと思います。

日常で生徒が出会うであろう英作文を出題してくれていて、とても指導がしやすいなと思いました。



またリスニングはあまり感心しない出題方式です。

実際の場面で求められるよりもはるかに細かいところにこだわった出題も多いですし、なによりも同じ音声を3回も聞くという場面は中々実際にはないと思います。

ライティングに引き続きリスニングもよりauthenticな出題に近づくことを願っております。



ここ2年、かなり取り組みやすくなった一橋大英語。

この流れを是非続けてさらに推進して欲しいと思います。

[PR]
# by shun-sensei | 2017-10-07 08:53 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

少し前ですが、駿台予備学校主催の一橋大入試問題研究会に参加をしてきました。

50分×2の時間を通じ、駿台予備学校の武富先生からの分析を聞いてきました。


まず読解からです。

和訳問題が減少し、説明問題が増えています。

内容理解を主眼としており、英文全体をきちんと読んでいるか、パラグラフ全体を読んでいるかを試すような出題が多いのが特徴でしょうか。

生徒の再現答案を見ていても、そこがかなり差が出ているところだそうです。

もちろん日本語の表現力も重要になってきます。


今春の問題の大問1の(3)を使い、実際に説明をされていました。

Yetを中心に逆説の展開をまとめれば良く、今回は生徒のできも良かったようです。

外した一部の生徒は下線部のパラグラフのみをまとめている子や、paradoxになっていない子ですが、このような典型的なパラグラフ構成をきちんと読み切れないのは厳しいとのこと。

展開としてのgeneral→specificな流れをきちんと理解することが大切である。


ここでこのgeneral statementとpassive statementについて解説するのに使われる英文を紹介してくださいました。

ライティングの典型的な展開としても紹介されるそうです。


続けて昨年度の大問1の(1)、2015年の大問(1)を紹介され、直後をまとめるだけのシンプルな出題を確認しました。


設問は対比、逆説、理由づけ、言い換えなどを使用して作成されている。

それを生徒たちに意識させることで生徒も容易に正解にたどり着けるようになる。



ちなみに本番の解答用紙ですが、B4縦で、今回の大問1の(2)で3行くらいだそうです。


ということで一橋大学の説明問題はよくあるシンプルなパターンで一橋大学らしさはないという結論に至りました。




続いて和訳問題ですが、年々軽くなってきています。

基本英文より少し難しいくらいのレベルの英文が出題されています。

ここ数年で和訳問題が減り、説明問題が増えています。

和訳は点が取れる分野なので、落とさないように準備をさせたい。

しかし近年高校生の間に基本的な和訳の方法を学んでいない生徒が多く、予備校としては助かっている。



ちなみに一橋大学の合否を大きく左右すのは数学だそうです。

数学は大問一つで0点など続出するが英語では0点はあり得ない。

きちんと数学はみんなが取れるところは取れるようにしておかなければダメ。




ところで和訳問題については東北大学が採点講評を出していて、出題意図なども公表しています。

そこで紹介されている誤答例などを見ると学生の傾向は顕著に見えます。

機能語に目が行かず、内容語にばかり目が行っている答案が本当に多いようです。

それで修飾関係や共通関係を外してしまっています。

中学から学び続けたはずのことがあまりに定着していない現実。

改めて基礎基本の徹底が指導の中心となり、文脈型の和訳などはそれらが仕上がってからでよい。


ちなみに伊藤和夫先生の著作の数々は生徒の誤答例がもととなってる。

とにかく伊藤先生は生徒の答案をよく見ていた。

生徒の誤答は宝であり、生徒の誤答を基に授業を組み立てていらっしゃるそうです。



読解対策の指導上のポイントというページで、どの手順で指導を行うべきか。

そして合格ラインに届かない典型的な受験生の傾向をまとめてくださっていました。

このページは実際に現在高2の生徒に見せたいなと思わされました。



さて続けて文法問題ですが、今春の問題はとても雑な作りで難しすぎるとの講評でした。

ある書籍からいくつか文だけを抜き出していて、内容の方向性が見えなかったり、語彙のレベルなど調整不足な印象のようです。

実際生徒の出来も悪く、2016年のかなり優しかった出題とは対照的でした。

整序問題が最近は多いですが、生後問題の年度もあるので注意が必要でしょう。

なお、一橋大学は名詞修飾のasがよく出ます。

ただこれを整序作文で出すことに関しては武富先生は微妙とのことでした。


また今春は突然長文内で空所補充の出題があり、機能語を埋める文法問題でした。

組み合わせに注目すれば優しかったものの、今までは内容面での整序作文だったのに比べて、今回は実質文法問題でした。




長くなってきたので次回英作文とリスニングを取り上げたいと思います。

[PR]
# by shun-sensei | 2017-09-30 11:09 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

年に1~2回、特別な日にホテルミラコスタに泊まっています。

ホテルミラコスタには大きく分けて3種類のお部屋があり、プロメテウス火山に面したお部屋、ゴンドラなどがあるヴェネツィアサイドのお部屋、そしてシーに入るとすぐにある地球儀などに面したトスカーナサイドと言われているお部屋です。

なお、トスカーナサイドの中には砂利ビューというものもあり、窓の外に見えるのは他の建物とその間を埋める砂利道というお部屋もあるようです。

私はこれまでヴェネツィアサイドやハーバービューに宿泊したこともあるのですが、やはり窓が少ししか開かず正直せっかく高いお金を出してミラコスタに泊まるなら、、、とテラスルームに泊まることが多いです。

今回はそのテラスルームの中でも景色が一番劣っているピアッツァビューのお部屋を紹介します。
d0153971_23102781.jpg
このようなテラスに出られるお部屋です。

一番端っこのお部屋で、隣のテラスが見えちゃうお部屋でした。

しかし屋根付きなので、雨でもテラスに出たり、朝食を外で食べられる点はメリットでしょう。

お待ちかねの景色です。
d0153971_23212018.jpg
ご覧のようにチャペルの屋根が視界を遮ります。

まぁ、この日の自分たちにとってはこのチャペルも大切な存在だったため、そこまで気にはなりませんでした。
d0153971_23131971.jpg
反対側はこんな感じです。
d0153971_23140012.jpg
ファンタズミックも一応このくらいは楽しめます。

シャンパン片手にテラスから見るショーはやはり格別です
d0153971_23281144.jpg
この日は特別にホテルから差し入れしていただけました。



部屋は2部屋あるもののどちらも狭め。
d0153971_23110726.jpg
d0153971_23114769.jpg
あ、改装前はこんな感じだったんですね。

ダブルベッド一つのため、もうあと数年で我々もテラスルームは厳しくなりそうです。

テラスルームで格別なのが、テラスでの朝食でしょうか。

もちろんオチェーアノなどでのビュッフェも選べますが、せっかくなのでルームサービスを選びます。
d0153971_23162069.jpg
d0153971_23165935.jpg
この日は風が強く、寒かったので部屋の中でいただきました。


このようにのんびりお部屋でシーの音楽と雰囲気を楽しみたい方にはテラスルームはとてもおススメです。

値段はかなりしますが、海外旅行などに行ったと思えばかなり安いと自分に言い聞かせています。

予約も大変ですが、泊まる価値のあるお部屋です。

[PR]
# by shun-sensei | 2017-09-23 14:01 | ディスニーやディズニーホテル | Trackback | Comments(0)

なかなか受講者側では気がつかなかったことに最近気がつかされます。

もちろん講演者側は講演を提供する側であり、受講者はお金や時間を割いて来てくださるお客様です。

しかし、同じような仕事を行いながら、この講演会などについての準備を行っているという視点は分かっていたつもりでしたが、実際に行ってみて改めて色々考えさせられます。



今回ある研究会で一人で2時間お話する機会をいただきました。

これまでの講師や発表はあくまで複数いるうちの一部を担当しましましたが、今回は自分の話だけを聞きに来られる方々対象の会です。



準備は初めは楽しいものでした。

あれを話そう、これを話そう、この動画を編集して見せよう、等々とにかくやっていて楽しい作業。

しかし、いざリハーサルを行ってみて大きく情勢が変わりました。

とにかく自分の欠点というか、弱点があれこれ話したくなり、話が膨らむというか脱線してしまいます。

脱線しなくても時間を軽くオーバーしていて、もはや絶望的な状態です。

一度はあれをカット、これをカットと次々と話をカットし、それに合わせスライドもカットしていましたが、もはや収拾不能になり・・・。



いったん、改めてテーマや何を一番伝えたいかという骨格を書きだしそれに合わせてスライド等を作り直しました。

これでも時間はまだ厳しく、度重なるリハーサルと自分へのダメ出し。

気がついてみると、2時間の講演に対し、何十時間、いや百時間くらい費やしたでしょうか。

やっと完成させることができました。

自分は現場でどうしても雰囲気に合わせ話を追加してしまう可能性が高いものの、これ以上の短縮は難しく、時間オーバー覚悟で臨むことになりました。



おかげさまで参加された先生方から本当色々と反応をいただけ、準備した甲斐がありました。

少しでも自分の思う英語教育の方法が広がればと思い今回は準備をしました。

もっともっと自分の授業力を上げ、説得力のある説明ができるようこれからも頑張ります。

[PR]
# by shun-sensei | 2017-09-16 10:01 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)