東京都教員採用試験(個人面接対策)

個人面接は、大きく分けて3つのタイプの質問がありました。

①面接表をもとにした個人的な質問。
②単元別指導案をもとにした教科に関する質問。
③場面指導をもとにした生徒指導に関する質問。


今日は①について対策のアドバイスをしたいと思います。


まず①の個人的なについて、はありのままの自分で勝負すること。

私もキャリアや部活経験がないことなどマイナス面が自分では気になりました。

でもとにかくポジティブに自分に自信を持って表現するしかないと思います。

さすがに○十年も教育に携わってきた面接官、見抜かれます。

ストレスがたまってネガティブな考えも出てきがちですが、とにかくポジティブシンキングがコツだと思います。

参考書は時事通信社の「合格面接攻略法」と実務教育出版の「面接試験の攻略ポイント」を適宜参考にしながら、ひたすら質問に対してどう答えるかを考えたりメモしたりしていました。

d0153971_13404536.jpg
d0153971_13405471.jpg

メモしたのは模範解答を書いて覚えるためではありません。

自分が思いついた返答を客観視して、どう解釈されるかを考えました。

意外に初めに思いつく返答は愚痴だったり言い訳だったりして、自分を見つめ直すいい機会になりました。

東京アカデミーの直前対策も受講して、パーフェクトガイドで昨年度の質問を参考にしたりもしました。
d0153971_13412084.jpg
d0153971_1341286.jpg
d0153971_13413938.jpg

やらないで後悔するより、やって後悔する、と考え、とにかくやれることはやりまくりました。

自分の無能さと向き合うのは本当につらい作業。

まわりの人がすばらしく、自分はこんな人生で・・・。

そんなネガティブな考えとの戦いは本当にしんどかったです。

でも追い込まれて本当に後がない!!と思い、取り組みました。



一応東京都の教育委員会のホームページをよく見て、東京都で教えたい!!と強く思えるように準備するとなおいいでしょう。
[PR]
トラックバックURL : http://shunsensei.exblog.jp/tb/11576125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shun-sensei | 2010-06-19 06:39 | 教員採用試験 | Trackback | Comments(0)