カテゴリ:サッカー部( 35 )

部活動の指導方針

最近議論が活発なようなので部活動に関する自分自身の考え方を紹介したいと思います。

まず部活動を積極的にやられている先生を見ると素晴らしいなと思います。

本務ではない仕事を生徒のために一生懸命取り組まれる方は素晴らしいと思います。



私自身は部活動というものを生徒側で体験したことがありません。

シーズンごとに町のクラブチームで活動をしていたことはありますが、学校の部活動というものは一切経験がありません。

高校生時代はバンド活動に夢中で、大学のサークルに顔を出したりするような生活でした。

それなので自分自身が部活動を通じて何かを学んだ経験はありませんし、7年間他の部活動の指導を見ていて自分自身にそのような指導ができる自信はありません。



それでは自分が部活動をどのように行っているかというと、生徒主体での練習をバックアップすることを中心に行っています。

こちらが指導を行うのではなく、生徒が自分たちで活動をするためのサポートという感じでしょうか。

大会の申込み、日程の調整、練習試合のセッティング、生徒間のトラブルなどの調整などそれだけでも結構な業務量となってしまいます。

それにさらに練習メニューの作成、実際の指導とそのための勉強、まで行っていては、授業の準備や授業の研究が物理的にできないと思います。

大会で勝ち上がる、試合で勝つ、うまくなる、という視点では10点~20点くらいの指導だと思います。

その競技の専門の方に直接指導を受ける方が断然能力は上がります。

しかし生徒の人間的成長という観点で考えると自分の指導は平均的かなと自負しています。

モチベーションの上がりにくさのコントロール、人を動かすという経験、集団での行動の難しさ、など生徒たちは将来出会うであろう問題に日々直面します。

それを時にはじっくり話し合わせたり、時には突き放したり、時には悪者になったりして、駆け引きをしながら学ばせます。

部活動の顧問を引き受けた教員に対する感謝の気持ち、活動ができる喜び、など、他の部活動の生徒があまり感じていないこと(当たり前だと思っている)を確実に理解した生徒たちになっていきます。



もちろんそれがうまくいかず失敗してしまうことや、部活動が停滞してしまうなど、思った通りにはやりきれていません。

しかし自分はそのようなスタンスで、なるべく時間を節約しながらも、生徒が成長できるような部活動運営を目指しています。



何かあった時の責任は顧問や学校に発生します。

安全管理という名のもと、正直防ぎきれない事故に対しても教員に責任が発生する事案も見かけます。

それを含めて現在の学校の部活動問題は根深く難しいことが山積みだと思いますが、自分は上記のスタンスで日々指導を行っています。
[PR]
by shun-sensei | 2017-05-13 11:28 | サッカー部 | Trackback | Comments(0)

最後の大会

昨年度は体育の講師の先生に指導していただいたのですが。

なかなか厳しく接することができなかったようで、チームのまとまりは今一つの状況で引き継ぎ直しました。

ただ、専門の先生に指導していただいたおかげで、成長している選手もちらほら。

ただ、肝心の3年生は体育祭の実行委員会の幹部に夢中になってしまったり、合唱委員長をやったり、生徒会長をやったり。

なんだかサッカー以外の活動に忙しそうです。



さて、今年度は新しくやってきた社会の先生に引き継いでいくことになりました。

サッカー経験は中学の頃のみみたいですが、選手たちと一緒に頑張る気満々のようです。

また、年配の先生で主顧問経験のある方も顔を出してくださいます。



そのお二人に今すぐ投げても良かったのですが・・・。

4月末の大会で引退する3年生と一緒に自分も卒業しようと思い、今最後のサッカー部主顧問生活をしています。

週末たまたま申し込まれた練習試合での指示出しくらいですが。

最後の監督経験を楽しみたいと思います。



それにしても年度末と年度初めの主顧問の仕事は担任をやりながらだと何気に負担です。

でも春休み中に前もって仕事をやっておいたので、そんなに焦らずにやれています。

補習もあるので始業式からGWまで一日休みはありませんが・・・。

午後休みなどをうまく過ごして疲れをためすぎないように頑張ります!!
[PR]
by shun-sensei | 2013-04-15 19:48 | サッカー部 | Trackback | Comments(0)

どしゃ降りの中の新人戦

新しい代になってから2回目の公式戦となる新人戦を戦ってきました。

今回は指導してくださる先生もいれば、ユースチームで活躍中の先輩もコーチのように指示を出してくれます。

だから自分はあくまで引率と少しだけ精神面でのアドバイスをする程度です。



前日練習で生徒が救急車で運ばれ、自分は出張で某予備校の入試研究会に行っていたのですが、そこから病院へ。

付き添ってくださった先生と共に病院で保護者の到着を待つも、なかなかいらっしゃらず。

一応検査で問題はなさそうなものの、再検査のために入院することになりました。

結局帰宅は10時過ぎになってしまったものの、大事には至らずに安心しました。


そんなこともあり、若干睡眠不足の中の新人戦。

当日は事前から雨の予報だったのですが、中止の連絡はなく。

あとから、延期してしまうと某学校の修学旅行とかぶってしまうことが原因のよう・・・。

まぁサッカーは多少の雨でやるスポーツだとは思いますが、こんなどしゃ降りの中では単なる蹴り合いのサッカーになることは明らか。

せっかくの日々の練習の成果を出す機会なのだから、もう少し配慮してくださっても・・・。


さらに、ベンチは屋根がなく、ずっと傘をさしながらの試合。

当日は午後にパソコンで授業を受けなければいけなかったので、パソコンを持参したのですが、その重い荷物を置く場所もなく。

重かったです。



そんな感じでいろいろありましたが、選手たちは不満も言わずに、そんなに悔しがるわけでもなく。

0-1と惜しい展開でしたが、初戦敗退となってしまいました。

スタメンの半分が1年生のチームなので、来年が楽しみといえば楽しみですね。

ただ来年は指導者の方がまたいなくなってしまう可能性大です。



受験生の担任をしながらのサッカー部主顧問はあまりやりたくないなぁ・・・。



去年はサッカー部に対してもかなり気持ちを入れていたなとブログを読んでいると思い出します。

今年は面談の嵐と進路担当として忙しかったので、去年みたいな関わり方は絶対にできませんでした。

来年はどうなるんでしょうね。
[PR]
by shun-sensei | 2012-11-24 15:41 | サッカー部 | Trackback | Comments(0)

運動部の顧問

運動部の顧問。

自分は今まで部活に所属したことがないので、ほとんどイメージがありません。

ただ、教祖のように慕われる人が多いのが面白いですね。

どの先生も、ある一定の厳しさというか、怒らせたらめんどくさいぞという雰囲気が生徒にある気がします。

その中にも愛情が含まれていることで信頼関係が生まれるのでしょうか。



自分は今年度から体育の講師に実質指導は引き継ぎました。

しかし正規教員が、監督として公式戦の引率を行ったり、活動時に引率の教員として引き続きかかわらなければいけません。

主顧問としての書類などの雑用や他顧問との日程調整など仕事は多いです。



その体育の講師の先生が若干チームまとめに苦労されていたのと、2年生からも色々と相談を受けることが多かったので、キレたふりをしていたことは以前書きました。


2年生は自分の学年なので、そんなにキレてなんかないことがバレバレなのですが。

それでも、公式戦の申し込みをしないぞ、とか、お前ら2年がきちんとしていないから1年生はあんな風になっているんだ、などの言葉をかけたり。

2年だけでミーティングをして、できる限り怒っているふりをしました。

その効果もあってか、少しずつですがよくなってきていると思います。



また1年生からは、ムカつく面倒くさい先生という印象を与えられたのか、少しずつ参加率や声の出方などよくなってきていると思います。


サッカー部、来年は本格的に他の先生に引き継ぐつもりだということ。

そして、今の一年生を授業等で教えることがないだろうということで。


今回1年生に対してはかなり嫌な先生を演じてみました。



そりゃそうですよね。

普段練習をほとんど見にも来ないくせに、口うるさく言ったり、大会申し込みをしないぞと脅したり。

でも誰か悪役というか悪者がいることでチームがまとまってくれたらいいなぁと思い。

完全に1年生からはうぜぇ~先生と思われていると思います。



その効果もあってか、生まれて初めて感じる一部一年生からの嫌悪感たっぷりの視線を浴びました。


正直、初めてその視線と目が合ったときは「おぉ~~、これかぁ~~」とゾクゾクしました。


今、サッカー部では自分はそんなちょっと理不尽なめんどくさい先生になっています。


嫌われている先生っていつもこの視線を浴びてよく平気でいられますね。


話をいつもの感じでわかりやすく説教しても、あまり伝わっていない気がします。


やっぱり信頼関係がないと説教って効果がないんだなぁと改めて感じさせられます。



教師って演じることがとても大切な時があります。

特にしかる、怒ったふりをする必要性はよくあります。



自分の場合、相手がビクついていたり、泣きそうになるとついつい緩めてしまう悪い癖があります。

あとは、それでさらに反抗されると、カチーンと来て、本気でキレそうになってしまうところもあります。


少しずつ演技力を磨いていかないとですね。
[PR]
by shun-sensei | 2012-10-13 16:15 | サッカー部 | Trackback | Comments(0)

サッカー部教育

成長が感じられていたサッカー部でしたが。

ある日曜出勤すると、全体の3分の2が欠席という状態。

なかには無断欠席もいるようで。



夏合宿の時から何度も注意してきても直らない。

さらに引き継いだ体育の先生も困っているみたいだったし。

ついに粗治療を開始しました。



まずは状況の説明と無期限での土日や長期休業中の活動を禁止に。

やる気がないなら平日だけ活動しなさいとメールを送りました。


それに対して反省の弁を述べ、どうにかならないかと返信する一年。

逆に、「無断で休んだの誰ですか?」と犯人探しをする中心選手のカズ君。

カズ君に対してはじっくりと話をしました。


選手達だけでの話し合いや、校内の清掃を受け、ミーティングを実施。

全員が一人ずつ決意を述べ。

練習は土日両方がいいのか?片方がいいのか?

そう問いかけました。

全員が両方やりたいと言うので、チームとしてまとまっていこうと話す。



しかし土曜日の練習後、翌日はグラウンドが使えず、そして雨だということで突然のオフの連絡がきました。


これに対しては本気でブチ切れました。


様々な言い訳が述べられる一方、意見がないというか、人のせいにする選手も多く。

一人ずつと話をし、本当の最後のチャンスを与えました。



なかなか世代交代してからチームとしてうまくいっていません。


粘り強く話をし続けるしかないでしょう。

頑張ります‼
[PR]
by shun-sensei | 2012-09-23 17:33 | サッカー部 | Trackback | Comments(0)

一年ぶり

昨年度に続き、都内のサイコーの会場で公式戦を戦ってきました。

初戦はグラウンドが雨でぐちゃぐちゃ。

蹴り合いを何とか制し地区予選準決勝へ。

その日、自分は朝から二時間補習。

それから会場へ向かったのですが。

とても不便な場所で一時間に一本くらいしかバスが出ていなくて。

まぁ暑いしドンマイとタクりました。

そして試合後はバスで戻り、三時からまた補習。

村田先生には「どっかのアイドルみたいなスケジュールだね」と言われました。


そして準決勝。

d0153971_819893.jpg


d0153971_819111.jpg

ロッカールームには冷房も効いていて、シャワーも浴びられます。

ラスト五分までは、攻め込まれながらもなんとか0点に抑えていたのですが。

最後に失点してしまい夏が終わりました。


しかし普通のチームは三年生の最後の戦いの中。

うちは3年一人だけ。

それどころかスタメンの半分が一年生というとても若いチーム。

練習の参加率ごとても低く、引き継いだ先生はとても苦労されていますが、今後が楽しみです。

自分は特に規律面や、悪者になるよう心がけています。

次は11月の新人戦です。

それまでにまずは練習の参加率を上げたいですね。
[PR]
by shun-sensei | 2012-08-21 08:08 | サッカー部 | Trackback | Comments(0)

成長

自分の学年の生徒達の成長が少しずつ見えて来ています。

サッカー部でも担任業でも三年間付き合う予定のキングカズ君。

彼は存在感もあり、サッカーの能力もずば抜けてました。

ただ、子ども度もずば抜けています。

気分の浮き沈みが激しく、すぐに暴言を吐く。

我慢できない。

宿題をやってきたりすると、わざわざ見せにきたりします。

先生、俺成長したよね。が最近の口癖。


でも本当に彼の成長は素晴らしい。

入学時は小学五年くらいだったのが、中学二年くらいまで成長しました。



また、サッカー部のディフェンスの要のリョウ君。

先輩の悪口や言い訳ばかりで行動が伴わない子でした。

何回も話をし、試合の映像を見せ、気がつくと良い先輩になってました。

合宿中のミーティングでの発言。

「反省は反省で大切だけど、修正点ばかりだと雰囲気が悪くなる。もっと良い点やできていることを褒めて盛り上げる声を出すべき。」

文句ばかり言ってた彼からの発言に驚きました。



成長を感じる子と、逆に全然成長しねぇなぁ~と感じる子。


その違いって何だろうと見ていると。


やっぱり、呼んで個人的にたくさん話した子には成長がたくさん見えます。

たくさん話したからこそ、成長のポイントが意識できているだけかもしれませんが…。


やっぱり個別で粘り強く話をし続けることって大切だなぁ~と改めて実感。

まぁ当たり前過ぎることだけど忘れてはいけないことですね。



これからも時間を割いてとことん関わろうと、おもいました。
[PR]
by shun-sensei | 2012-08-03 17:59 | サッカー部 | Trackback | Comments(0)

合宿

サッカー部の合宿で海沿いの街に行きました。

東京よりは若干涼しく、海風が吹くので意外に快適。

生徒たちも信頼できる子たちなので、ストレスなく過ごせています。

会計やその他の時間調整など、初めてメインで合宿を企画運営したので、そこら辺が少し大変です。

今回も女子バスケが一緒に来ているので、その顧問のベテランの先生に色々と相談しながらやってます。

飯がやっぱり一番しんどい。

d0153971_15312959.jpg

パン+ごはん。

d0153971_15313037.jpg

重い…。

d0153971_15313061.jpg

おいしくない。

でも、天気にも恵まれ、グラウンドにも恵まれ、昨年よりずっといい合宿になりました。

練習試合も他県の強豪と対戦でき、課題がはっきりと。

d0153971_13563120.jpg

[PR]
by shun-sensei | 2012-08-02 07:17 | サッカー部 | Trackback | Comments(0)

サッカー部

ある程度体育の先生に引き継いでいってます。

それでも合宿などの事務作業であったり、こちらの仕事もあれこれ多い。

やっぱり主顧問の業務の多さには改めてため息が出ます。

奴らの為になる事ならば、何でもやる。

ただゴールデンウイーク中に仕事がほとんど出来なかったので、授業の準備や面談などしばらくは忙しくなりそうです。

引き継ぎもするまでは結構時間がかかりますね。

今年は土日も他の先生にどんどんお願いするようにしています。

毎日楽しいです‼
[PR]
by shun-sensei | 2012-05-07 15:31 | サッカー部 | Trackback | Comments(0)

引退

昨日行われた大会の公式戦。

残念ながら敗退し、三年生は引退していきました。

十分に勝てる相手だった。

都大会に進める組み合わせに恵まれていただけに残念。

エース本田の不在がやはり大きかったか。


試合後泣きじゃくるメンバー達。

胸がギューっと締め付けられました。

もらい泣きしそうになりながらも、まずは二年生への指導。


先輩たちの悔しがる姿をきちんと見ておけ。

次はお前らの番だぞ。

お前らも負けた時あんだけ悔しがれる姿勢でサッカーをやってるか?

土日も今日も全員揃わず、雨で室内練習の日は半分くらいしか来ないんだったら土日は全部OFFにしよう。

チームとしてどうしたいか、今話し合って決めなさい。




一段落して三年生に対して最後の言葉をかけました。


一年間ありがとう。

サッカー経験がなく指導をしてやれない顧問で悪かったな。

でも一昨年ほとんど練習試合のない、ふざけた先輩達に苦しんでいたみんな。

お前らだったから自分が初の主顧問を引き受けてみようと思った。

お前らだったからこんな俺みたいな顧問でもチームとしてまとまれた。

ありがとう。


世の中には変えられる事と、変えられない事がある。

例えば今日の審判だったり、一つ一つの細かい判断。

これらは努力では変えられない運みたいなもの。

でも、今までの練習で、あるいは日々の意識で変えられた事はたくさんあったはず。

一人一人それを考えてみてくれ。


これからみんなが出て行く社会では努力ではどうにもならないことがたくさんあります。

でも、そこで文句を言ったりするのではなく、自分で変えられる小さなことに努力をするような大人になっていこう。



最後の挨拶をしてから、ますます泣いている選手達一人一人に声かけ。



本当に最高の部員でした。


一年間お疲れ様、そしてこれからも何でも相談に来いよぉ‼
[PR]
by shun-sensei | 2012-05-01 07:04 | サッカー部 | Trackback | Comments(0)