カテゴリ:割烹渡邊( 14 )

割烹渡邊2013冬

まずは戸籍をいじった記念日に行った時です。
d0153971_23183698.jpg

蕎麦の身とお野菜を炊いたもの。
d0153971_23183783.jpg

左から鯖寿司、自家製カラスミ、白子豆腐、アワビの柔らか煮、鴨ローストと下仁田葱です。
d0153971_23183890.jpg

松葉蟹

和え物は蟹味噌と和えてあります。
d0153971_23183939.jpg

フグの和え物。

大根おろしとポン酢でさっぱりと。
d0153971_2318419.jpg

はまぐりのお椀。
d0153971_23184275.jpg

めばちマグロと平目の和え物。

めばちマグロはほぼ本マグロと変わりませんでした。

平目は塩昆布や紫蘇の身と和えてあります。
d0153971_23184362.jpg

子持ちカレイの一夜干し。

干すことで旨みがギュッと凝縮されます。
d0153971_23184440.jpg

いつもの蟹の湯葉包み揚げ。

ジュワッと湯葉の汁が飛び出します。
d0153971_23184538.jpg

名前は忘れましたがお魚の煮たもの。

皮の部分のゼラチンがすごかったです。
d0153971_23184639.jpg

そして一番の驚きの牛すじカレー。

カレーの匂いがするなぁ、おかしいなぁと思ったらまさかのカレー。

トロトロのカレーは最高でした。
d0153971_2318472.jpg


いい記念日になりました。



続けて三年連続のXmas割烹です。
d0153971_23184834.jpg

何とか芋のすり流し。
d0153971_23184932.jpg

左から堀川ゴボウ、鴨と下仁田葱に車海老、アワビ、カラスミ、あん肝。
d0153971_23185092.jpg

ずわいがにと蟹味噌の和え物。
d0153971_2318519.jpg

フグの白子焼き。トロットロッでした。
d0153971_23185238.jpg

フグの和え物。

厚めに切ってあり食感が何とも言えませんでした。
d0153971_23185343.jpg

鮭団子と豆乳のお椀。

柚子の香りが素晴らしい。
d0153971_23185437.jpg

真鯛とめばちマグロのハラミと背中の部分の炙り。
d0153971_23185585.jpg

氷見ぶりの焼き物。

すごい脂ののりでした。

炭火で香りづけもされてました。
d0153971_23185695.jpg

フグの唐揚げ。

しゃぶりつきました。
d0153971_23185745.jpg

クエのかぶら蒸し。
d0153971_2318571.jpg

毎年のトリュフ雑炊。

これでもかと目の前でトリュフを削ってくれます。
d0153971_23185897.jpg


日々の食事は節約して、たまの趣味を楽しみたいですね。

来年もよろしくお願いします。
[PR]
by shun-sensei | 2013-12-30 22:42 | 割烹渡邊 | Trackback | Comments(0)

誕生日

迎えました。

両親と友達と行ったキハチ。

やっぱりおいしいですね。


d0153971_71626.jpg

完熟トマトの冷製スープ バジルジェラートとカリカリの生ハムチップを添えて

爽やかで夏らしくておいしかったです。
d0153971_716475.jpg

天使海老のカダイフフリット 柚子胡椒風味のアボカドソース

これがこの日のNo.1
d0153971_716552.jpg

小柱と葉山葵、とびこの冷製パスタ “フェデリーニ”

これまたひんやりと夏を感じられます。
d0153971_716628.jpg

本日の鮮魚をたっぷりハーブの香草オイル焼きで
d0153971_716780.jpg

国産牛ロース肉のタリアータと夏野菜 バルサミコとジェノベーゼの2種ソースで
d0153971_716865.jpg

本日の自家製ドルチェ盛り合わせ

安定しておいしいです。

最近ハマってるワインとも相性ぴったしでした。

楽しい時間を過ごせました。

いつまでも嬉しいものですね。


キハチのディナーお勧めです。


d0153971_716966.jpg

誕生日プレゼントは時計を友達から貰いました。

たまたま気に入ったデザインがサッカーのバルセロナモデル。

気に入ってます。


そして、誕生日前日はいつもの割烹渡邊へ。
d0153971_716104.jpg



アワビの蒸したものが合わせてあります。
d0153971_7161275.jpg

左から、ハモの子のにこごり。

ハモ寿司。

車海老。

ハスの根の煮物。

どれも絶妙〜。
d0153971_71613100.jpg

イチジクの蒸したものに白味噌とゴマのソース。

イチジクって生ハムと、とかデザートでしか食べたことありませんでしたが。

合います、めちゃくちゃ。
d0153971_7161541.jpg

友達のお気に入りNo.1

タコと茄子とカボチャと大根とズッキーニの冷製炊き合わせ。

桜海老の出し汁で炊いてありました。

ジュレと散らした柚子がたまらないですね。
d0153971_7161672.jpg

ハモと松茸のお椀。

ゴボウとミョウガがせん切りでアクセントに。
d0153971_7161760.jpg

マコガレイの和え物と鯛のお造り。

やっぱりお造りも最高ですね。

どちらも白身ですが脂がのっていて、食感もプリプリ。
d0153971_7161888.jpg

鮎の干物。

店の裏で干物にしているそうです。

焼く時に肝を酒で煮たソースを塗ります。
d0153971_7161951.jpg

キスの昆布占め、トウモロコシ、万願寺唐辛子の天ぷら。

厳密には小麦粉ではなく片栗粉で揚げることでふんわりとした食感に。

このトウモロコシの甘さが本当に半端なかったです。
d0153971_7161936.jpg

冬瓜を干し椎茸の出汁で煮たもの。
d0153971_7162056.jpg

鯛の漬け丼。
d0153971_7162172.jpg

桃のカキ氷。

いやぁ、やっぱりたまりませんね。

すべての味が繊細で、香りが鼻を抜けます。

その一つ一つの香りと味が感動を生む。

ずっと通い続けたい名店です。



そして誕生日当日も仕事!

翌日から三連休で式場巡りに行くので、来週以降の準備を。

教材作成だけで丸々一日。

帰宅は九時くらいになってしまいました。

近所の居酒屋で。
d0153971_7162272.jpg

d0153971_7162385.jpg

d0153971_7162322.jpg

d0153971_7162492.jpg

d0153971_7162530.jpg

d0153971_7162796.jpg


そして当日着いてから言ったのに急遽お祝いを。
d0153971_7162732.jpg

シャンパンとケーキと歌のプレゼント。



そして家に帰ると。
d0153971_7162840.jpg

d0153971_7162978.jpg

ケーキと部屋のデコレーションが。

道具のない中でスポンジから作ってくれました。

料理はいつも作ってくれますが、何気に初めての手作りスイーツ。



いい一年になりますように。
[PR]
by shun-sensei | 2013-08-17 21:39 | 割烹渡邊 | Trackback | Comments(0)

八ヶ月以上ぶりに割烹渡邊に行って来ました。

友達は初参戦。

クリスマスという特別な日なら許されるかなぁと紹介。

かなり感動してくれて良かったです。

次は向こうの誕生日に行こうと思います。

年数回の心からの感動を味わった時間を報告します。
d0153971_23394785.jpg

まずは蛤大根から。

極上の蛤の出汁と程よく歯ごたえと風味が残った大根がよく合います。
d0153971_23394879.jpg

たまたま朝テレビで見た堀川ゴボウは凄まじい香り。

あん肝は日本酒にピッタリ。

ホタテも車海老も鯖寿司も最高でした。
d0153971_23394934.jpg

縮みほうれん草は甘みが濃厚、下仁田ネギは甘みと風味のちょうど良い煮方がしてありました。
d0153971_23394924.jpg

ずわい蟹とかに味噌の和え物。

柚子の香りと蟹の旨みに友達も大感動。
d0153971_23395056.jpg

鴨団子と豆乳のお椀。

柚子の香りと鴨団子の山椒の香りが合わさって何ともいえないコラボ。
d0153971_233951100.jpg

イカは柚子と塩でいただきます。

本マグロと鯛はいつものようにワサビと紫蘇の実でいただきました。
d0153971_23395172.jpg

ブリの塩焼き。
d0153971_23395297.jpg

蟹の湯葉巻揚げ。

1番感動していました。

湯葉から豆乳がジュワッと蟹と絡まります。
d0153971_23395342.jpg

ふろふきカブラ。
d0153971_23395379.jpg

クリスマス限定のトリュフ雑炊。

昨年度は1人で食べた味。
d0153971_23395411.jpg

牛乳プリン。


感動を味わい、気持ちよくなり、ゆっくりとした快適な時間を過ごす。


やっぱり通い続けたいと思わせられる時間でした。
[PR]
by shun-sensei | 2012-12-24 23:21 | 割烹渡邊 | Trackback | Comments(0)

割烹

今年に入って夜は一回しか行けてない割烹。

洋服代やデート代で、金銭的な余裕がありません。

その分、ランチで楽しんでいます。

d0153971_15414100.jpg

一番右は生麩を甘く煮たもの。

ホタルイカも生を酢漬けにしています。
d0153971_1541570.jpg

アイナメのお椀。


d0153971_1541562.jpg

本マグロの赤身の美味しさがだんだん分かってきました。

d0153971_1541616.jpg

タチウオの干物。

今日はガッツリ食べようと決めていたので、鯖の味噌煮を追加。

d0153971_1541695.jpg


d0153971_1541785.jpg

お腹いっぱいです。

別の日。

d0153971_1541728.jpg


d0153971_1541778.jpg


d0153971_1541854.jpg


d0153971_1541998.jpg




また別の日

d0153971_1541931.jpg


d0153971_1541948.jpg


d0153971_1542033.jpg


d0153971_1542088.jpg


おいしいです‼

幸せです。
[PR]
by shun-sensei | 2012-03-28 14:56 | 割烹渡邊 | Trackback | Comments(2)

今年初割烹

今年は別の趣味も見つけて行こうと、割烹も控え気味。

夜に一回、ランチ一回行きました。

夜はやっぱり満足度マックス。

d0153971_21483186.jpg

白子の白味噌仕立て。

d0153971_21483296.jpg

大豆を煮たもの、いつも通りの湯葉、車海老、ホタテ、フキの炊いたもの。

d0153971_21483268.jpg

あん肝と何だったけな。


d0153971_21483368.jpg

蒸し牡蠣。

d0153971_21483356.jpg

ハマグリのお椀。

d0153971_2148341.jpg

本マグロと鯛。

d0153971_21483481.jpg

マスの山椒醤油焼き。

d0153971_21483573.jpg

カニの湯葉巻、絶品。

d0153971_21483566.jpg

タケノコの炒り煮。

d0153971_21483510.jpg

鮭ハラスの炭火焼き茶漬け。

d0153971_21483664.jpg

牛乳プリン。



一方ランチ。

d0153971_21483629.jpg


d0153971_2148372.jpg

ホタテしんじょう、うまいです。

d0153971_21483714.jpg

カツオとヒラメ。
ヒラメってこんなうまいんだって初めて思いました。

d0153971_21483844.jpg

太刀魚の塩焼き。

d0153971_21483840.jpg


d0153971_21483969.jpg

小鉢が嬉しいですね。

d0153971_21483941.jpg

久しぶりにいただいたちりめんご飯。



いやぁ、やめられません。
[PR]
by shun-sensei | 2012-02-18 21:36 | 割烹渡邊 | Trackback | Comments(0)

クリスマス割烹

d0153971_1095177.jpg

カボチャのすり流し。

隣の席の女性が離乳食見たいと言っていて・・・。

うーん、どうも落ち着きません。
d0153971_1095241.jpg

鴨、黒豆、アワビ、あん肝です。
d0153971_1095296.jpg

カワハギの肝和え。

本日の大ヒットはこれでした。

最高です。
d0153971_1095271.jpg

白子豆腐。
d0153971_1095329.jpg

カニとカニ味噌の和え物にウニ。

ウニとカニって初めて合わせましたが、合うんですね。
d0153971_1095385.jpg

キンメダイのニュウメン。

一度キンメダイは揚げてあり、香ばしい香りがします。

やっぱりお椀が一番好きです。
d0153971_1095397.jpg

ふぐの和え物。
d0153971_1095449.jpg

ぶりのヒレの部分の塩焼き。

この季節のブリの脂の乗り具合はやばいですね。
d0153971_1095473.jpg

海老しんしょうを食パンに乗せて揚げたもの。

食パンの香ばしい香りとエビのプリプリ感が相性抜群でした。
d0153971_1095532.jpg

車エビと海老芋とチヂミホウレン草にあんをかけたもの。
d0153971_1095575.jpg

クリスマス限定トリュフ雑炊。
d0153971_1095556.jpg



大満足でした。
[PR]
by shun-sensei | 2011-12-25 10:21 | 割烹渡邊 | Trackback | Comments(0)

久しぶり

久しぶりに趣味してきました。


d0153971_22123983.jpg

白子の白味噌仕立て。

白味噌って好きです。

白味噌仕立てのお雑煮を食べて見たいなぁとちょうど思っていたので、嬉しかったです。

d0153971_22124068.jpg

汲み上げ湯葉とウニ、焼きあん肝、焼きホタテ。

d0153971_22124115.jpg

松葉カニ。

d0153971_22124156.jpg

カモの炭火焼き、下仁田ネギの焼き浸し、金時草のお浸し。

d0153971_22124263.jpg

カモ団子のお椀。

豆乳で作られています。

たまにはお肉のお椀もいいですね。

d0153971_22124256.jpg

鯛の昆布締め。

塩昆布で巻くのがやっぱりうまかったです。

d0153971_22124398.jpg

焼きハマグリ。


d0153971_22124372.jpg

氷見ブリのヒレの部分焼き。

脂がのっていてうまかったです。

骨の周りのお肉って何でこう美味しいんでしょうね。

d0153971_22124451.jpg

フグのから揚げ。

骨無しの身でした。ぜいたく~。

d0153971_22124546.jpg

明石の鯛のアラ煮。

すごい、コラーゲン。昆布ダシが効いています。

d0153971_22124539.jpg

めばちマグロ漬け丼。

漬けマグロの食感っていいですよね。

d0153971_221247100.jpg

いつもの水羊羹。


やっぱり大満足で、気分もリフレッシュ。

週末も部活ですが、頑張ります。
[PR]
by shun-sensei | 2011-12-09 22:13 | 割烹渡邊 | Trackback | Comments(0)

割烹

一週間、自分にしては節約して、割烹でストレス解消してきました。

11月下旬です。

d0153971_1132382.jpg

スタートは白子豆腐。

白子の濃厚な味がしました。

d0153971_1132336.jpg

ハマグリの茶碗蒸し。

やっぱりすごい濃厚な出汁。

d0153971_1132425.jpg

鯖の棒すし。

d0153971_1132455.jpg

ツルムラサキの胡麻和え、下仁田ネギの焼き浸し、赤貝。

d0153971_1132453.jpg

焼きあん肝と八幡芋フライ。

あん肝のこってり感とお芋の甘味が最高でした。

d0153971_1132512.jpg

帆立と生海苔のしんじょ。

帆立の甘味、磯の香り、出汁の絶妙な塩加減。

完璧でした。

d0153971_1132597.jpg

トロと鯛を和えたもの。

ここは切れ端で調整して下さってるのでしょう。

d0153971_1132568.jpg

甘鯛の焼き物。

ウロコは油をかけることで、香ばしい香りを出します。

醤油と酒を塗ったのが、甘鯛の甘みをつよめます。


d0153971_1132629.jpg

桜海老のしんじょ。

香ばしさと甘さがサイコーです。

d0153971_1132611.jpg

京都のかぶらのふろふき。

d0153971_113268.jpg

ゴマ鯖。

ってことで、少し頂いてからの、



d0153971_1132720.jpg

お茶漬け。

半生の鯖とお出汁が本当感動ものでした。

何とお出汁が入っていた急須。

d0153971_1132778.jpg

たまたま英語の授業で今日やった、日本最古の漫画、鳥獣戯画の絵でした。

d0153971_1132750.jpg

ほうじ茶プリン。

本当大満足のディナー。
[PR]
by shun-sensei | 2011-11-26 06:14 | 割烹渡邊 | Trackback | Comments(0)

両親と割烹渡邊

先日、遅めの父の誕生日会ということで、はるばる遠い所まで両親が来てくれました。

そして、三人でいつもの割烹へ行きました。


d0153971_0401315.jpg

ハマグリの茶碗蒸し。

具は一切なく、ハマグリの濃厚な出汁が効いています。
d0153971_0401358.jpg

鯖の棒すし。

どこの鯖かは忘れましたが、脂がのっていて、半生でうまかったです。

d0153971_040138.jpg

松葉ガニ。

カニ味噌が特に旨かったです。

カニはやっぱり自分でほじくるのはあまり好きじゃないかも。


d0153971_040141.jpg

下仁田ネギ、椎茸の焼き浸し、さらにツルムラサキのお浸し。

ここの椎茸は本当に何気ないのですが、柚子が効いていてうまいです。

ツルムラサキの香りもたまりません。


d0153971_0401412.jpg

カラスミと大根。

カラスミは日本酒を飲んでいる父に一切れあげました。

自家製のカラスミ一気に100くらい仕込んで、お土産や御節に使うそうです。

真空パックで、長いやつは七年ものなんかもあるとか。

d0153971_0401556.jpg

フグの身と皮のポン酢和え。


d0153971_0401513.jpg

海老しんじょう。

昼の海老しんじょうはいつも食べていましたが、夜の大将のは初めて。

塩の量や練る量なのか、こちらの方がぷりぷりしていたのと、何より全体の味付けのバランスが大分違う気がするのは気のせいかな?

うまかったです。

d0153971_0401523.jpg

本マグロとヒラメのお刺身。
d0153971_0401692.jpg

本日も登場、幻の鮭児。

脂ののりとふっくら感、そして何より嫌味のない旨味がきました。
d0153971_0401630.jpg

カニの身の湯葉包み揚げ。

これはやばかったです。

白いソースみたいなのが中から出て来たので、何かと思ったら、湯葉からあふれ出た豆乳でした。

マジばいやー。

d0153971_0401714.jpg

フグ雑炊。

d0153971_040177.jpg

洋梨の紅茶煮はイギリスの味かしました。



忘れていた、すっぽん。

初すっぽん。

養殖なのですが、この店の養殖ものは、天然物より高いとか。

コラーゲンたっぷりって感じでした。

母のお口には合わなかったようです。




いやぁうまかったぁ。

大満足でした。

d0153971_1143077.jpg

[PR]
by shun-sensei | 2011-11-23 00:46 | 割烹渡邊 | Trackback | Comments(0)

割烹渡邊11月

最近通っている割烹の11月のメニュー例。

d0153971_18303697.jpg

この日は11月初旬だったので、結構メニュー例通りのものが多かったです。

d0153971_183037100.jpg

小さなコーヒーカップみたいなのに入っているのが、蕎麦の実のお浸し。

蕎麦の実の内側の白い部分に、松茸のお野菜を入れて炊いたもの。

松茸の香りが強烈で、蕎麦の香りはかろうじて感じる感じ。

食感は、麦ご飯に入っているモチモチした部分みたいな感じでした。

d0153971_18303839.jpg

左から、組み上げ湯葉の山椒煮、蒸しアワビ、タラの白子、そしたカラスミ。

なかなか痛風になりそうなメニューですが、日本酒が飲みたくなるお味。

d0153971_18303996.jpg

ツルムラサキのお浸しと、椎茸の焼き浸し。

椎茸ってこんな旨かったっけと思うくらいの味。

ツルムラサキの香りは初めてでしたが、いいですね。

d0153971_18304046.jpg

フグの身とフグ皮、水菜とおろしのポン酢和え。

今年の初フグ。

この繊細な味を見分けられるようになりたいです。

d0153971_18304030.jpg

ハマグリと大根のお椀。

塩加減が絶妙で、大根のさっぱりした味がハマグリの強烈な味と香りをひきたてます。


d0153971_18304140.jpg

マコガレイのお刺身は、メネギと塩昆布を巻いてポン酢で頂きます。

白身魚に塩昆布が最近のヒット。

d0153971_183042100.jpg

カツオのタタキ。

d0153971_18304385.jpg

鮭の炭火焼き。

これが、普通の鮭ではなく、今までテレビでしか見た事のなかった幻の鮭なんです。

d0153971_18304433.jpg

幻の鮭児。

子どもが間違って大人と一緒に海に出て、脂をつけて来たんだって。

一発で見破れるほどまだ舌は肥えていませんが、確かに心地良い脂がのった鮭でした。

いわゆる養殖の鮭ハラスのちょっとしつこい感じを抜いた感じ。

そして、身は柔らかく口の中で溶けていく感じ。

d0153971_18304539.jpg

前日に初セリが行われたばかりらしい、生桜海老のかき揚げ。

今までの桜海老って、乾いた海老って感じでしたが、これはまさに海老の旨みがギュッとつまっていました。

d0153971_18304624.jpg

地鶏と子カブの小鍋。

カブのおろしたものがのっているので、それと混ぜて頂きます。

d0153971_18304784.jpg

食事はいつもサービスしてくれます。

今日は本マグロの中落ちご飯。


最近お肉や揚げ物は欲さなくなりましたが、まだまだ魚の脂は身体が欲します。

もう少し年齢と経験値が上がると、赤身や白身に1番反応するようになるのでしょうか。

d0153971_18304958.jpg

芋羊羹抹茶クリーム。


いやぁ、いつもいつも大満足です。

1~2時間の至福の時間。

帰宅してからも、何回も写真を見返して、「うまかったなぁ~」と一人でニヤニヤ。

引き続き仕事を頑張らないとです。
[PR]
by shun-sensei | 2011-11-04 19:17 | 割烹渡邊 | Trackback | Comments(0)