卒業生との再会

今までも卒業生を引き連れて焼き肉に行ったりはしていたが、今回は退職後ということで特別な感じでした。

同じタイミングで辞めた校長も来てくれて、ワイワイと楽しい時間を過ごしてきました。

もともとはお好み焼き屋さん(授業中に話をしたので行きたかったらしい)に行く予定でした。

しかし日曜の夜ということで18時の段階で満席。

仕方なく9人で隣のファミレスに入ったところ、なんとアルバイトをしている別の卒業生とも再会出来ちゃいました。

今は大学一年生で女子大に通っているそう。

しっかりとした接客をしていて、何だか感心してしまいました。

何だか偶然のすごさというか、不思議な感覚。




しかもその生徒は、お父様が今の自分とは学校は違うが、同職で同教科だったので結構気になっていた子だったのです。

超進学校で英語を教えてらっしゃるので、機会があればお話を伺えたらなんて思ってます。





さて、元々会う予定の子達は、卒業してまだ3カ月なので特に変わってなくて、いつもの奴らでした。

自分としては普段接している生徒とまったく同年代なので、特に違和感もなくいつもの日常って感じ。




元校長との再会が一番懐かしかったです。

前職の生活を思い出したりして、今の生活を客観的に振り返れました。

共に2年間突き抜けた生活が、まるで映画を見た後のように完全な過去となっていました。

この校長のもとだったから成し得た採用試験合格。

恩返しとして、今の仕事を精一杯やって、生き生きとした姿を校長に見せていきたいです。

そして校長が新たな夢をかなえられるよう、自分にできるサポートがあればしていきたいです。




自分って本当に人間関係で恵まれてるんだなぁ。
[PR]
by shun-sensei | 2010-05-30 22:28 | 日常報告 | Trackback | Comments(0)

自分で気付かせる

生徒たちの帰宅時間が19時になってしまった体育祭当日。

玄関の鍵が閉められてしまっていて、困っているのをたまたま目撃してしまい、開けに行く。

複数あるドアのうち、一つだけを開けて電気もつけずにドアの前に立っていた。

顔見知りの生徒がちょこちょこ絡みに来るが、大概は走って帰宅の準備をしている。

有志団体の解散式で、教員から19時までに帰宅するよう指示されたのだろう。

100人近くの生徒が急いで帰宅の準備をしている。




そこへ60代の元管理職の武重先生がお付き合いしてくれた。

「我々はただここに立っていればいいんだよねぇ。彼らに我々が見ている、ということが分かれば」

「言って分からせるんじゃなくて、彼らが自分で考えて気がつくように指導するんだよ」

「言われると相手も、つい『何だよ、うるせぇなぁ』って思うからねぇ」




何十年とこの仕事をしていても、生徒のためを忘れていない先生。

定年後ということで給料は自分と変わらないくらいになってしまったそうだ。

それでも、病気の方の代わりに急きょ担任団に入り、いつも夜遅くまで仕事をしている。

マジ尊敬です。





本校が様々な経緯で、どんどん倍率が落ちていく中、自分から率先して学校周りを行い、何とか立て直した方です。

パソコンといつも格闘しながら、はるかに年下の情報の先生にキレられていても、いつも笑顔で「あ、そうですかぁ」と返す。

教員みんなから、あの人は人格者だよぉ、本当に偉い人、と評価される人。

マジリスペクト。




職場では大人しく、にこやかな先生だが、飲み会では「バカ野郎、お前は本当にバカだなぁ」と泉谷しげるさんみたいになる。

自分が「かしこまりました」と返事すると「かしこ、かしこまりました、かしこだろぉ。がはは・・・」とおっしゃる。

次の日学校で会うと、物静かに語りかけてきて常に笑顔。

マジリス・・・、いや反面教師。




その先生が、時たま話しかけてきて色々と教えて下さる。

その言葉の大切さを忘れたくなくて書いてみました。

続けて行くうちに生じる慣れ。

それがとにかく怖いなと思う今日この頃です。

「管理職をやっていたときより、今のほうがずっと楽しいよ。生徒とかかわれるからね。」

心に響くお言葉でした。
[PR]
by shun-sensei | 2010-05-30 10:11 | 職場関係 | Trackback | Comments(4)

お弁当

自炊には至ってませんが、お弁当は再開できました。

月曜は振り替え休日でお休み。




火曜
d0153971_17402623.jpg

肉野菜炒めだけのお弁当。

野菜はキャベツ、人参、もやし、玉ねぎなどすべて100円でローソンで購入。

お肉も結局ローソンで。

やっぱり近くにスーパーが欲しいです。

今年の下旬くらいにはオープンする予定なので待ち遠しい。




水曜
d0153971_1742773.jpg

牛卵とじだけのお弁当。

牛肉に玉ねぎに、昨日の残りの人参を入れて最後に卵でとじました。

デパートで半額で買った牛肉。

その後使わずにダメにしてしまったのが反省です。

半額が結局定価に戻ってしまいました。





木曜
d0153971_1744818.jpg

健康診断の帰りに駅で適当にある中華屋さんでランチを食べました。

自分にしては珍しく外れでした。

ドンマイです。





金曜はコンビニでサンドウィッチを買って食べました。

直射日光にあたり過ぎてイマイチ食欲がなかったのですが、無理して食べたら逆に食欲が出ました。
[PR]
by shun-sensei | 2010-05-29 17:48 | グルメ | Trackback | Comments(2)

体育祭

天気にも恵まれて、先日体育祭が行われました。

生徒主導で行われるのが本校の方針なのでグダグダ感もたっぷりでしたが、怪我もなく無事終えることができました。

打ち上げはやらないように!!との指示も出ていましたがどうだったのでしょう。

教員はみんなグッタリで、打ち上げずに真っ直ぐ帰宅しました。



自分は受付の仕事だったので、来訪する保護者の方々に挨拶をしたりが中心。

それ以外には騎馬戦の時に、男性教員ほぼ全員でサポートに入る。

女子の時は落ちるのを支えたり、あくまで審判員という役目。

でも男子の時は審判というかボディーガードというか。

ケンカに発展しないよう、後に引きずらないようにのケアが中心。

いやぁ、疲れる疲れる。

自陣の大将が残ると5陣分にカウントされるもんだから、内部に対してキレていたり。

大きな怪我はなかったみたいだけど、この種目、よく続けているなぁと思いました。





それ以外では、たまたま外部者の侵入を見つけてしまい、その対応が大変でした。

「ほら、部外者の侵入があるとこっちも連絡しなきゃいけない場所があるからさ」

と、実際よく分からない状態で発言したら、大人しく外から見物していました。

来年の警備体制に向けて、確認していく必要がありそうです。




生徒のパフォーマンスでは、自作の衣装で自作のダンスを披露。

生徒の4割くらいが参加しているこの有志団体の活動は、これまでの経緯が色々ありまして。

何とか活動継続が許された状態の中で、一生懸命に頑張ってました。

演技が終わった後、感動で涙する生徒の姿には、こちらもこみあげてくるものがあったり。

審査結果発表で優勝したグループの3年達はボロボロ泣いて、1年はそれを見てもらい泣きしていました。

この有志団体の活動は、教員の中でも反対派が大勢いまして、来年はおそらく出来ないことになりそうです。

目標に向かって一生懸命に頑張って、最後に泣けるくらい頑張れる活動って個人的には残してあげたい気もするのだが、どうなるのでしょう。

来年の3年生の担任団はほとんどが反対派なので、活動の担当を生徒部に移すしか可能性はないでしょう。

しかも、もう少し「活動の意義、注意点」などを事前に指導する(どれくらいしているのか分かりませんが)と、より彼らの成長につながるのかなと個人的には思いました。




終わってからの片づけ、そして前日の準備を手伝う部活動の生徒達。

運動部の子って本当に素直でしっかりしていていいなぁ、と帰宅部の自分は思ったりします。



久しぶりのぐったりするくらいの疲れ。

直射日光を浴びての日焼け。

この週末でリフレッシュして、また来週からの授業に備えたいと思います。
[PR]
by shun-sensei | 2010-05-29 17:37 | 職場関係 | Trackback | Comments(0)

いい一日になりそうです

普段は一日のカロリーが完全にオーバーするので朝食は食べないようにしています。

今日は体を使う一日になりそうなので、ガッツリハムエッグを食べようとしたら…
d0153971_4581046.jpg

ハッピー♪

あ…、卵三個ではなく二個で一つが双子ちゃんです。

念のため説明。

今日も一日がんばりましょう!!
[PR]
by shun-sensei | 2010-05-28 04:59 | グルメ | Trackback | Comments(0)

民間に対する態度

自分は飲食店などで店員さんに気を使ってしまいます。

自分が飲食店アルバイトを経験した高1からの癖です。

だがサービス業で納得できない時は、結構戦ったりもします。

それで、周りの人が不快な思いをしてしまったこともあったでしょう。

そんな思いをしたみなさん、ごめんなさい。




昨日は学校の福利厚生を扱っている事業団から来ましたぁ、と生命保険会社の人が帰り際に挨拶に来た。

先制パンチとしてこちらから「保険の案内ですか?」と手に持ってる資料を見て言ってしまった。



先方「事業団から説明をするようにとの指示があるのと、お祝いをお渡ししたいので、お約束をさせていただけたらと思います」

私「あぁ…、資料を読んでおくのでモノだけ置いて行ってくれませんかねぇ…」(面倒くさいけど、職員限定の特権もあるかもしれないしなぁ)



先方:「事業団の方からちゃんと説明するように言われているので、それはできないんですよぉ。6月中旬以降でご都合のいい時に伺いますので30分ほど時間を取れませんか?」

私:手帳を見ながら…「う~~ん、一年間の流れがよく分からないので、先の約束は入れられませんね。変更してもいいからと言われましても、その変更さえ…(面倒くさい)。今ちょっとだけ、さっと、話して帰れないんですか??」

2~3分のやり取り。先方はどうしても、30分話したいらしい。

先方:「夏休みのころなら時間取れそうですかね?」

私:「そうですね、夏休みなら取れるかもしれません…」



この時イライラは50パーセントくらい。

まだ目を通していない福利厚生のパンフレットや冊子を見て、何が何なのか分からない自分にもちょっとイライラ。もう少し、先輩から話を聞いておくんだったかな。

ただの民間業者なら、二度と来ないで下さい(笑顔)と言うところだが、いかんせん福利厚生の事業団と提携しているみたいで。

でも、どうしても話を聞きたくない。だって営業だもん。



なかなか帰らない。

なんだかごそごそ何をやってるんだろう。


5分くらい色々入り口でやって

先方:「そうしましたらこれだけでも書いて提出してください。お得なので」

新社会人おめでとうキャンペーンみたいなチラシ。応募すると商品が色々当たるらしい。こんなんで個人情報流れるほうが今後めんどくさい。欲しいものがあれば、金出して買うよ。ただの営業だと確信した瞬間だった。

私:「えっと、これってやらないといけないんですか??」(やって当然という感じで来たので)

先方:「いえ…、やらなきゃいけないってことはないのですが。いいのですか?」

私:「結構です」目の前で捨てる。(イライラ80パーセント)





後で調べたら教職員の50パーセントがこの会社の保険に加入しているらしい。

福利厚生事業団を名乗っていたが、ただの生命保険会社の営業。

なんだかやり方が汚くて、とてもイライラしてしまった。




基本的に営業が嫌いだ。

出版社もこの時期は教科書採択のため営業に来たがる。

対応に時間をかけるのはどうしても時間の無駄に思えてしまう。

しかも先方がわざわざ、時間と労力をかけてまで売りに来るってのは、なんだか裏を感じてしまうのだ。

こちらのテンポに合わせた話し方をしてくれる営業の方とは話が合うし、こちらも情報が分かって助かる。

だが売り手側のテンポで話をされると、ズバズバ突っ込んでしまって、大体最後は気まず~~い空気で終わる。

建前:そんな話を聞いてる時間あるんだったら一分でも多く生徒のために時間をかけたいんだよ。
本音:授業の準備がギリギリで終わってないんだから、それどころじゃないの!!




欲しいもの、必要なものは自分で調べて、納得して買う世代。

電気製品は電機屋で手にとって、ネットで評判や最安値を調べて買う。

だからこの保険屋の話も聞くのは嫌だ。

絶対ケンカ別れするのが分かってるから。

今度来たら断ろう。




学校にいる時は基本的に暖かいオーラmax、ウザいくらいの挨拶、突っ込みすぎる首、うさんくさいくらいのヨイショをして演じているのだが、外部の民間会社に対応する時はスイッチが入れ換わってしまう。

私立大学や出版社、保険会社などと対応する時に、別人のようになる自分がいる。

ちょっと失礼。非常識かも。

でもこれくらいの対応がちょうどいいという感覚も前職で何だか持っている。
[PR]
by shun-sensei | 2010-05-27 06:17 | 職場関係 | Trackback | Comments(0)

病んでるのかなぁ…

痛い夢を見たので、書いてみます。

何だか戦ってました。

でもつかまってしまって最後は拷問される。

「とっとと殺してくれ」と最後に捨て台詞を吐いて殺された…。

と思いきや、その後義足、義手、義眼で元気に生きていました。

初めて見る感じの夢でちょっと驚き。





教育実習生が来ています
健康診断に行ってきます
体育祭で今週木金は授業なしです




季節の変わり目がいまいち苦手なのかもしれません。

ちょっとだけ不安定。
[PR]
by shun-sensei | 2010-05-27 05:39 | 日常報告 | Trackback | Comments(2)

仕事バランス

このお話は所々フィクションです。



英語科の隣の席の村田先生は40代半ばの方で色々と教えてくれます。

その方は平日の授業のない日は必ず休みを取ってゴルフに行かれるそうです。

帰宅もよほどのことがない限り、必ず定時で、平日でも3つはやることを用意しているのだと言う。

ジム通い、麻雀、ゴルフの練習…、多趣味な方です。

雰囲気が学生時代の友人の「Sのぶ」にとても似ていて、大好きな方です。




村田先生は言う。

「この仕事は人間性が一番大切だから、どれだけ仕事以外の生活が充実しているかが教員として大切だと私は思うんだよね。」

確かにその方はとても魅力的で、教員の多くがその方と話すためにやってきたりする。

生徒が質問に多く訪れるのも村田先生。

しかもストレスなんて感じたことがないと発言していました。

仕事もミスは少なく、指導、生徒対応共に感心させられるばかりの方です。

もし運動部の主顧問などになって毎週出勤とかになったらどうするんですか?と聞いたら、「部員に無理って言うかなぁ。それだけは譲れないからねぇ。」とおっしゃる。

「基本的に勤務時間以外のことに対しては何でもノーと言うかなぁ。年3回くらいが限度です。」






教育という仕事って、こだわりだすとキリがなくなる。

授業一つとっても、無限に時間がかけられる。



研修でのお話。

「授業は生徒のため…、当たり前のようだがみなさん本当にそのように準備してますか?」

教える人の都合、自己満足、他の教員との関係。

どこかで「生徒のため」でない授業、授業準備を行ってないか?



当たり前の「生徒のため」という視点を改めて考えさせられる瞬間だった。




自分はどう仕事していくのか。

毎週言っていることだ。

仕事に対してどれくらい時間をかけるべきか。






今日はジムに行ったり、予備校の授業を見たり、教材研究をして一日を過ごしました。

あまりストレスはたまってなくてすっきりです。

お昼は大戸屋でサバ定食。
d0153971_21522693.jpg


夜は友達のリクエストで焼き肉を食べてきました。
d0153971_2153223.jpg
d0153971_21534155.jpg

一応野菜を意識しましたアピールです。


今日を振り返る。

自信持って授業できるための勉強、授業準備は仕事じゃない感覚。

自分から自発的に行う仕事も仕事じゃなく趣味みたい。

こういうのって一種の趣味になり得るのか。

実際楽しいし、認めてもらった時の喜びは何にも増して大きい。




でも教育の世界独特の感覚に染まりきってしまう。

人間としての広がりに制限をかけてしまう。

だから仕事以外の楽しみを色々と作っていくべき。

自分にとって何がそれになっていくのか分からない。




とりあえずは英語の勉強、ジム、料理、コントラバス、かな。

英語教員としての第一歩。

仕事が楽しくなるように、まずは英語、英語指導、英文法などを勉強したい。

じゃないと仕事が生徒指導以外楽しくなくなってしまう。

生徒:「あぁ、次英語かぁ~~(ため息)」(2年生女)

ふられた時のような気持ちになってしまう。

生徒:「先生の授業だから、うち頑張ろうって決めたんだけど、どうしも英語は…」(1年女)

申し訳ない気持ちでいっぱい。





結局休みの日に英語の勉強や授業準備をしている自分に自問自答しているんだと思う。

そんなことしていていいのか?と。

休みの日に仕事して、つまらない人間になっちまうぞって。

オン・オフのメリハリがつかなくなるのか。

とりあえずは本能的にやりたいって思うんだから、やればいいのかな?



定期テストがどんな感じかやっと分かってきたので、改めて授業を魅力的なものにしていくぞ!!

私生活も充実させるぞ!!

健康な体を作るぞ!!

日々成長あるのみです。
[PR]
by shun-sensei | 2010-05-23 22:13 | 職場関係 | Trackback | Comments(4)

外食昼食

やっと採点が終わりました。

自分のための食べたもの記録です。

今週は忙しさも結構マックスで、疲れもあり、自炊があまりできませんでした。




月曜日は出張で出版社主催の進学校としての取り組みの説明会に進路部の松本先輩と参加。

その出張先の都内でトンカツ屋でミックスフライを食べました。

ちょっと贅沢な気分。
d0153971_2228943.jpg

先輩とは教科が違うのですが、色々と話を聞いてもらえてとてもすっきりしました。

そのまま普通にやれば楽なのに、何のために自分は悩んでいるのだろう。

生徒のためになることならとことんやりたいのかな…。

いや、結局は自己満足なんだと思う。




話は変わって、うちの学校は生徒にとっての昼休みは50分なのだが、教員は昼が30分、夕方に15分休憩を取ることになっている。

普段は生徒対応もあるので、お弁当を掻きこむ感じになってしまうのだが、試験期間中は生徒が来ないので少しゆったりと過ごせました。

さらに、休憩を45分まとめて取って、今週は外食にも行ってきました。


歩いて数分の店までの往復や、注文してからの出てくる時間を考えると、食べる時間は実質25分くらいが限界。

結構慌ただしい食事ですが、たまには外食ランチも気分転換になって悪くないです。






火曜日は焼き肉屋さんに男性6人で行く。
d0153971_22283368.jpg

これで1800カロリーなんだって。

絶句ですね。

自分が腹一杯まで食べるとこれくらいのカロリーなんだと再確認。

気をつけましょう。

夜ごはんと朝食で調整しました。

焼き肉屋や中華料理屋のカロリー表示は、相当注文意欲を下げさせると思う。

向き合うべきことなんだろうけど。






水曜は英語科としての歓迎会をしていただきました。

女性が多いので飲み会ではなく、近くの居酒屋ランチです。

みなさんいらっしゃるので写真撮影は控えましたが天ぷら定食をいただきました。

量は女性が食べきれる量なので控えめかと思います。

主婦が中心の英語科は、なかなか面白い話の展開になります。

4年目の方(年下)は新採が来ると聞いたときに、女性かとワクワクしたそうです。

フタを開けて見れば、来たのは自分でショックはでかかっただろうなぁ。






木曜は朝にガッツリ食べたので採点疲れもあり、食べませんでした。
d0153971_22325764.jpg

朝食に食べた太麺のナポリタンにチーズハンバーグが乗っかっていて900カロリー以上。

朝から何だかガッツリ食べたくなってしまったのは、なぜなんだろう。

普通のお味でした。

おそらくストレスドカ食いです。





金曜も時間も余裕もなく、朝に買っておいたセブンの炭火焼き鳥弁当。
d0153971_22321248.jpg

695カロリーで意外においしかったです。

ここら辺が採点のピークで、他の仕事とかぶって大変でした。





そして土曜はまたまた男性6人で小さい飲み屋のワンコイントンカツランチ。
d0153971_22345033.jpg

これはめっちゃお得です。

カツは薄いのですが、ワンコインで満足です。




来週からお弁当と自炊、復活することを誓います。


夜ごはんもラーメンが多くなってしまって、野菜は取るようにしてるんだけど、バランスがいまいちで反省です。


こうやって振り返ると本当に太るものばかり食べてますね…。

焼き肉とかトンカツとか別に自分が言い出した訳ではないんだけど、それでも注文するものとか考えないとだ。




明日はジムに行くぞぉーー!!
[PR]
by shun-sensei | 2010-05-22 22:37 | グルメ | Trackback | Comments(0)

東京都教員作用試験の個人面接では3人の面接官がいます。

そのうち一人の面接官が場面指導に関する質問をしてきます。

私の時は一番右の方でした。


場面指導は私自信頭を悩ませた一つの問題です。

どうしても適切な返答が分からなかった。

でも今となってみなさんにアドバイスをしたいと思います。


それは




正解を求めるな、




これにつきると思います。




もちろん最低限の知識は必要です。

教職教養などで最低限の生活指導についての知識はし入れましょう。

答申集をよく読んで、国が求めている生活指導の方針は確認しましょう。


ただいくらでも追加で反論はされます。


そこで生徒指導について「正解がある」と思っている人は、ムキになってしまったり、自信を失ったりするのではないでしょうか。



自分のスタンスをしっかり持てているか。

柔軟に対応できるか。

そして最低限の知識があるかどうか。




ここが問われているのだと思います。




場面指導ではかならず正解を導き、相手を言い負かす教員歴6年の知り合いがいました。

結局仲間内では彼だけが期限付きでの採用となりました。




生徒のため、その視点を忘れずに面接官に教えてもらいながら考える。

自分の場合はそんな面接でした。

それで大丈夫です。






常に反論はされます。



でもそれをどう受け止めるかで人間性を見ているのではないでしょうか。



非常に勉強になります。あぁ、なるほど!!などの相槌を打った記憶があります。



2次試験こそ完璧はありません。



日々自分と向き合い、それを通じて人間性も高めていく。

残り一カ月でも十分成長できると思うので頑張ってください。
[PR]
by shun-sensei | 2010-05-21 13:45 | 教員採用試験 | Trackback | Comments(0)