コミュニケーション英語

ジェットコースターの事故が人ごとではなく、怖いshun-senseiです。

実際、以前違う乗り物に友達と乗った時、こちらの体系に合わせてバーを下げるので、友達にとって安全バーが浮き過ぎていてスカスカで怖かったと言われたことがあります。

絶対安全なはずの乗り物が安全じゃないなんて・・・。

お化け屋敷で本物のお化けが出るようなものですよね。

そういえば、以前女性が転落した別の事故でも、体型が大きい方が犠牲になりましたよね。

かわいそうだけど、体重制限を設けて厳しく取り締まるべきなのかもなぁと思ったりします。

実際、ジムでロデオボーイの機械に乗ってみたいのに、乗れない人もいるんです。



さて、昨日は休日に職場に遊びに行ったのですが、今日は一日家にいました。

二か月前くらいに文部科学省が全国の高校に配ったDVDを見ていました。

このDVDでは、全国の高校で行われている、英語の授業が収録されています。

あまりに文科省の「英語の授業は英語で行いなさい」の指令に、無視をされたり、どうすればいいのか困っている先生が多いからでしょう。

どうやって選ばれたのか分かりませんが、全部で10校くらいの授業が収録されています。



研究授業もあったので、改めて授業をどうやってやろうか悩み始めています。


一応、自分の中では一度決心がついていました。

予備校で行われているような、従来のほとんどの大人が受けてきたような、本文の構造を捉え、しっかり和訳が作れるようにさせる。

そんな授業にせざるを得ないのかなぁと。


実際、3年生になってから予備校に通い始めて、あまりに普段と違う授業じゃ困るだろうし。

参考書だって問題集だって、どれも当然なのですが、従来の学習方法を採用しています。


学校では、コミュニケーション英語と言われ、日本語を介さずに、英語で英語を理解していくのだ、と言われ。

予備校では、当然のように文法用語が飛び交う中での授業。

それでは、困るのは生徒。

実際中学校で何も文法を学ばず、単語を覚えないで入学してくる生徒は、高校に入りかなり困っています。

多くのトップ進学校では、当然従来のやり方が中心。

まだまだ文法が完璧じゃない、未完成の自分は、まずはそれが出来るようにならないと。

そう思い、とにかく従来のやり方をやっていこうと決意したのでありました。




でも、3~4年後の異動のことを考えると、もう少し英語を授業で使おうかなぁ・・・。

せっかくパソコンを使って、色々と時間短縮をできているのだから、その分授業内でチャレンジが色々としようと思えばできそうだなぁ。

せっかく、まぁまぁ喋れるんだから、多少準備をすれば、英語だけで授業をやる時間帯を作っても良さそうかもなぁ。

そんな前向きなことが、DVDを見ることによって生まれてきました。





でもなぁ・・・・。

ここからは完全な言い訳というか愚痴です。




上記のようにやろうとすると、とにかく準備の時間がとてつもないことになってしまう。

DVDに収録されている授業だって、あれを毎時間準備するのは無理だろうなぁと思うものも多数。

構造はプリントで伝えちゃうと、授業時間の短縮にはなるけど、準備時間はさらに増加になってしまう。

教科書本文の背景だって、指導書(教授マニュアルのようなもの)はしょぼいので、調べたり時間がかかります。

授業で紹介する画像、映像の検索、映像の場合は編集や変換の時間。

1時間の授業に5時間くらいかかってしまうでしょう。

週3回の授業の方だけにしても、週15時間・・・、無理とは言わないけどなぁ。



それだけ準備した教材が、今後も使えれば、頑張り甲斐があります。

他教科であれば、まちがいなくそれくらいの準備をしていたでしょう。

でも、英語の場合、毎年教科書会社は担当が選ぶので結構代わるのです。

さらに、10年に一度の学習指導要領改定で、半分以上の教材が入れ代わってしまいます。

英語って教材が代わると、ほぼ全てが作り直しになってしまうんです。





そんな環境でどれくらい教材作りに時間をかけるか。

最近、『やる気なし夫』だった自分は、かなり手抜きをしてしまっていました。





でも、この仕事、一番大切なのが毎日の授業です。

色々事務仕事等雑務が多いですが、とにかくプライオリティは授業。

それだけは忘れてはいけないと、いつも村田先生に言われています。




その授業の理想とはどんな授業か。

英語という教科では、まったく答えが見えてきません。

DVDを見て思ったのは、これだったら授業自体は全部外国人にやって貰った方が質は高まるようなぁ、というあってはいけない意見。

でも、DVDの授業を見ていて、自分の強みを活かせる部分がたくさん見てとれました。

あとは、無限にある準備をどれだけ行えるのかという辛い課題です。




文法や構造からの日本語訳もしっかり伝えていく。

でも英語で授業を行いながら、たくさん考えさせ、たくさん英語でコミュニケーションを取らせる時間帯も作る。

そんな、自分流授業というのがなんとなくぼんやり見えました。

それが可能となりそうなのは、本校の生徒が相手だから。

こんな贅沢な環境でやれるのだから、目一杯準備に時間をかけてみたらいいじゃないか。

超進学校や教育困難校では、なかなかそんな授業できないだろうからさ。




目標。
生徒が受験に合格できる英語力をつけられながら、さらに楽しんで授業に参加できるようにする。
そして、使える英語も身につけられ、自分から英語の勉強がしたくなるようにする。





明日はいよいよ中学入試のピークです。

去年の今頃は・・・、色々なプレッシャーと責任感に死にそうでした。

そして、雪の中の早朝の運転で、生きた心地がしませんでした。
d0153971_22472548.jpg

去年の今日は日曜日だったので、8時半から19時半までずっと小六の子達と過ごしたなぁ。
d0153971_22495257.jpg



充実感を感じながら、後悔のない毎日を生きよう。

環境に左右されない、確固とした自分を作り上げる。

今年ももう一ヶ月過ぎたんですね。



もっともっと、『やる気ある夫』にならないと!!
[PR]
by shun-sensei | 2011-01-31 23:00 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

クリーニング屋

大分前に近所のクリーニング屋にお世話になってることを書いたと思いますが、最近の知った思わぬ便利さが、ボタンをタダで着けてくれるのです!

あたりまえなのかもしれませんが、一人暮らしにとってはとても助かります。

今もあまりのお腹の出っ張りに、スーツの真ん中のボタンがやられてしまったのですが、歩いて30秒のクリーニング屋でその場で直してくれました。

食事関係の母の代わりは何人かいますが、洋服関係の母代わりはクリーニング屋のおばちゃんです。

もう高齢ですが、いつまでも元気にがんばって欲しいものです。



さて、昨晩のサッカー、我FC東京ゆかりの選手が大活躍で嬉しかったです。

今野選手は、今年も2部リーグなのに残ってくれています。

何が何でも一年で昇格して、代表者らしい場所で戦わせてあげたいです。


長友はまだ大学生だった頃に、見い出されて中退して共に戦ってくれました。

今ではACミランやバルセロナが目をつけているみたいですね。


考えたら伊野波も大学生の頃に見いだされて、中退して一緒に戦ってくれたんだよなぁ。

東京のスカウトって見る目がありますよね。




そして、昨日のヒーローの李忠成。

元々FC東京ユースから昇格した選手だったのですが、当時は韓国籍だったこともあり、出場機会を求めて移籍していきました。


何だかやっとFC東京に関係した選手が代表で活躍してくれて、すげぇ嬉しかったです。

しかし、代表のあの粘り強さ、見習いたいものですね。



以上、初めてのipodからの投稿でした。
[PR]
by shun-sensei | 2011-01-30 17:41 | 職場関係 | Trackback | Comments(0)

ケツメイシ


恋をしていないのに、久しぶりにズキュンと来たPV。

最後の二人の演技に、電車の中で一人で泣きそうになってます。

完全に怪しいおっさんです。

こういうのって今までは自分に置き変えて見ていたのに。

今は生徒たちもこうやって成長していくんだろうなぁ、ともはや人ごと・・・。

数年間、恋らしい恋をしていない自分に対する???も正直あります。

「あぁ、何やってんだろう・・・、俺。このまま完全に中年になって後悔しないのかなぁ・・・。」


PVに出演しているのは和田聰宏と松岡音々という二人。

共に初めて見たのに、何だか声が勝手に頭で聞こえてきます。


バラードの歌詞
バラード ケツメイシ 歌詞情報 - goo 音楽




両A面のもう一つの曲。


CMのテーマ曲として流れていますね。

何気ない二人の生活こそが幸せ。

二人で作っていこう、未来を。

こっちの方が今の自分には共感できる部分があります。

君と作る未来の歌詞
君とつくる未来 ケツメイシ 歌詞情報 - goo 音楽



ケツノポリス7が3月16日に発売決定らしいです。

楽しみが一つ出来ました。

今年は全国ツアーもやるようです。

初めて参戦しようかなぁ。
[PR]
by shun-sensei | 2011-01-27 03:38 | 趣味報告 | Trackback | Comments(0)

ステーキガスト

テレビで見て、気になっていたステーキガストに行ってきました。

ガストのステーキに特化した店舗です。

その上、サラダバー、焼き立てパン、スープ、カレーが食べ放題という特徴も。

全てのメニューに上記の食べ放題がつきます。

個人的にはサラダバーがたまに食べたくなるので、どんな感じか今日はお試し。
d0153971_23441646.jpg
d0153971_23442932.jpg

サラダは前半戦は撮りませんでした。
個人的には、オクラと海藻とブロッコリーにシソドレッシングがおいしいです。

そして肝心のステーキ。





d0153971_23454830.jpg
d0153971_23455986.jpg

自分の肩ロースステーキ(○○○グラム)と友達のミックスグリル。

ステーキがこの大きさで1550円!!ミックスグリルも1400円。

安いです。

味もまぁまぁ。

ライスは断って、食べたくなったらサラダバーのところからカレー用のライスをもらえばいいみたいです。
d0153971_2347966.jpg

食べ放題カレーも少し試してみました。

よくファミレスで食べるカレーの味で悪くはないです。

周りを見ると、このカレーを2杯3杯と食べている人もいます。

サラダバーはトマトがプチトマトだったり、マヨネーズで和えた系が何種類も誘惑してきたり。

でも、しっかりボリュームを意識して食べれば、サラダを満喫できます。

せっかく運動で消費したカロリーを、全部取り返してきました。

またサラダバーを食べたくなったら、小さいステーキとともに頼みたいと思います。

そしてカレーは我慢しよう。
[PR]
by shun-sensei | 2011-01-26 00:01 | グルメ | Trackback | Comments(2)

平日の過ごし方

村田先生とのランチ。

どうも最近の自分のやる気の無さを相談する。

今までは、結局は周りの人のやる気に引っ張ってもらっていた自分。

あの先生には負けてられない、すげぇ頑張ってて自分も見習わなければ、そんなことで自分も頑張っていたのかも・・・。

もちろん生徒のため、彼らの合格のため、そんな気持ちも大きくはあった。

でも、今、こういう職場で働いていると、去年に比べてまったく頑張れていない自分がいる。

生徒のためになることなら頑張れる!!はずが授業準備にしても何にしてもイマイチやる気が出ない。

「そんな自分自身に気がつけただけでも、一つ頭を抜き出てるんじゃない?」
「超進学校、教育困難校、どちらでも感じることができなかっただろうし」
「中堅で楽でいいやぁと思う人も多いだろうに、そうは思わないでじっくり向き合えて良かったんじゃないの」
「これで、自分が決めたことを、決めた通りやれるようになれば、相当強いよね」

村田先生は、アフター5に3つのことを必ずやるようにしているそう。

体にいいことを一つ、頭にいいことを一つ、仕事とまったく関係ない人と会う予定を一つ。

この3つを必ずやるよう心がけているそう。

頭にいいことは、場合によっては教材研究でもいいとか。

村田先生の場合、体にいいことは、ジムかゴルフの練習らしい。


たまたまだが、今日は友達とジムに行き、おいしいものを食べてスッキリした気分。

ジムの株主優待券がチケットショップで売っていて、二人で1200円は安い。

お互い久しぶりの運動だったので、軽めの運動のつもりが、少し疲れたかな。

でも気持ちいい疲れだから面白いですね。

とりあえず、きっかけをもらったので、この後うまくジムのリズムが生まれますように。
[PR]
by shun-sensei | 2011-01-25 23:38 | 日常報告 | Trackback | Comments(0)

今週研究授業があるのに、まだ準備が始められていません。

何だか年明けから、どうも体が重い。

体重計に乗ったらその原因が分かりました。

初任者研修で久しぶりに会った同期にも「大きく成長しましたね」と言われてしまいました。

ちょっと考えないとです。


d0153971_2142267.jpg

土曜の夜はキムチ鍋を友達と食べました。

久しぶりのお鍋がおいしかった。

d0153971_2105394.jpg

日曜のお昼、野菜炒め弁当唐揚げ2個つきです。

近所のお弁当屋さん、20時までしかやってないのが残念です。

でも野菜たっぷりで満足。
d0153971_2115394.jpg

チャーシューざるらーめんです。

この店は新しく近所にできたお店。

やっぱりらーめんの方が個人的には好きです。


d0153971_212445.jpg

ってことで月曜のお昼にチャーシューメンです。

巨大なチャーシュー、イマイチかな。

結局普通のラーメンが一番だ。

d0153971_2164731.jpg

髪を切りに行った先のトンカツ屋さんで唐揚げとクリームコロッケ定食です。

素朴な味で懐かしかった。


d0153971_217382.jpg

火曜のお昼。

お昼休みにお蕎麦屋さんでランチ。

唐揚げランチが竜田揚げ甘酢あんランチに変わってました。

でも悪くなかったです。

夜は友達と近所のお寿司屋さんで贅沢に食べました。
d0153971_21102332.jpg
d0153971_21104123.jpg
d0153971_21105626.jpg
d0153971_2111103.jpg
d0153971_21112077.jpg

カニとカニみそ、卵焼き、あん肝ポン酢、白子、穴子の白焼き、マグロのホホ肉焼き、とろろマグロ、生ガキ。
それにお寿司とみそ汁で一人5000円のコース。

お寿司は大トロ、中トロ、ヒラメ(カボスと塩で)、赤貝、うに(握り、塩で)、巻物。

みそ汁はイカのワタのみそ汁。

昔からある町のお寿司屋さんなので、超A級ではありませんが、5000円でこれはお得だと思いました。


水曜
d0153971_21152396.jpg

前日のスーパーの総菜詰め合わせ弁当。
卵焼きには海苔を入れました、キヌサヤは眠い目をこすりながら筋を取って。
d0153971_21155395.jpg
d0153971_211648.jpg

新しくできたトンコツラーメン650円のお店へ。

辛子高菜などが好きなだけ取れるようになってます。

さらに250円でライスと唐揚げ3個がつきます。
d0153971_21171080.jpg

完全に食べすぎました。


木曜
d0153971_21174196.jpg

昨日の夜に買ったかき揚げを天とじにしてお弁当。

またまたへびーだったなぁ・・・。

秋の舞茸天がおいしかったぁ。

d0153971_21192116.jpg

夜はいつもの近所の中華屋さんで。


金曜
研修に向かう途中にいつものラーメン屋へ。
d0153971_21211246.jpg

夜は同期と居酒屋で語りました。



土曜
d0153971_21215860.jpg

カレーつけ蕎麦大盛りを村田先生たち4人で。

異動組が2人、へこんでいたのでその話がメインとなりました。

自分も数年後は異動です。

今のうちからやれることはやっておこう。


夜はガハハおじさん武田先生に誘われて駅前の居酒屋さんへ。

湯豆腐を頼んだらやたら豪勢なお鍋がサービスで出てきました。

たくさん飲んでたくさん語って本当に楽しかったです。

こういう時間を過ごせて幸せだな。

父の一個下の武田先生、副校長を2校で経験しているので本当に勉強になります。

いつもありがたいです。



こうやって振り返るとラーメンと揚げ物への偏りがよく分かりますね。

ラーメン、減らします。揚げ物、減らします!!
[PR]
by shun-sensei | 2011-01-23 21:26 | グルメ | Trackback | Comments(0)

涙が出てくるニュース

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110119/crm11011918460289-n1.htm

帰りの電車の中で泣きそうになってました。

誠心誠意向き合った人にこんな仕打ちはないでしょ。

割合はわかりませんが、これだけみんなから信頼される人ってなかなかいません。

読んでいて、自分もこれくらい人から信頼されるような人間にならなきゃと思いました。




人の言動、行動。

言葉に表現するといかようにも解釈できてしまいます。

それを守るべき存在がマスコミの倫理観ではないでしょうか。




タイガーマスクの報道は、色々言う人もいるみたいだけど、個人的には大賛成の行動。

今度は、この報道がもっともっと取り上げられることを期待します。

正直者がバカを見る現場。

そんなことを強く意識するのは、この職業の特色なのか。

それとも、社会人になるということはこういう現実を「仕方ないさ」と受け入れることなのか。




未だ処分は決定していないそうです。

何とか適切な処分を下していただけたらなと思ってます。
[PR]
by shun-sensei | 2011-01-20 20:40 | 職場関係 | Trackback | Comments(0)

ipod touch 活用しています

使う前はまったく分からなかったipod。

購入して一カ月ですが、色々な活用法が見えてきました。

まだまだ知識はど新人ですが、WiFiをウィ―フィーと読んでた自分が思っていた疑問や、こんな使い方をしているというのを紹介したいと思います。




まず、ipadとipodとiphoneの違いについてです。
d0153971_0234580.jpg

iphoneは携帯電話なので、使用できる機能も多いのですが、月額料金が高いのが難点。

6000円~8000円が毎月かかってしまうので、一年間で考えると結構大きな出費です。

それに対して、ipadやipodは家のパソコンでネットにつなげたり、無線が設置されている場所(マックとか)だけでネットにつなげれば、月額料金はゼロです。

つまり一度購入してしまえば、その後壊れるまでそのまま使い続けられます。



個人的には携帯電話と一体化するのが嫌だったのと、ipadは持ち運ぶのに大きさが明らかにでかすぎるのでipodにしました。

ネットにつなげられて、動画や音楽が見たり聞いたりできたらいいな、くらいの気持ちで購入。

ネットにいつでもどこでもつなぎたいので、別途機械(ルーター)を購入して月額3600円でniftyと契約しています。

だったら携帯(iphoneのドコモ版もある)でも良かったんじゃないの?とたまに言われますが、今の携帯を買い変えたくないし、お財布携帯(Edy,nanaco,suica)を使ってるので、ちょっと一緒にしたくありません。

suicaは定期も兼ねていて、3つのお財布携帯の残高は合計で6万円くらいいつも入ってます。

携帯はいつも肌身離さず持ち歩いていますが、iphoneだと何だか机の上に置いて行ってしまいそう。

バッテリーも気になりますし、結局とりあえずipodにしました。





さて、持つ前はあまり考えもしなかった便利な使い方を紹介したいと思います。



先日、外出先での調べ物用に、ロイヤル英文法のアプリを購入しました。(1500円)
d0153971_052072.jpg

喫茶店などで教材研究をする時に、いちいち分厚い参考書を持ち歩く必要がありません。

しかも、同じように辞書も購入することができるので、そうすると電子辞書も持ち運ぶ必要がなくなります。

電子辞書もいちいち持ち運んだり、充電したり、正直学校に置きっぱな日も多いので、ipodに入ったら便利だろうなぁ。

辞書はまだ迷ってます。





またibooksを使うとPDFファイルが見られるので、色々なものを入れておくととても便利。

入試問題のPDFを、東進のHPから無料でダウンロードして、ipodに入れておいて、空き時間にパラパラ見たり解いたりできます。
d0153971_095835.jpg
d0153971_0101345.jpg

他にも読もう!!と思ったものはどんどんPDFにしちゃえば、移動時間などに読めます。

これは買う前には、思いつきもしなかった使用法ですが、とても便利。




あとは仕事の休憩時間などにyou tubeが見られるのも大きいです。

発売前の新曲なんかもどんどん見られるし、漫才とかドラマとか検索するとどんどん出てきます。







今のところこれくらいですが、本当に便利です。

もっともっと便利な方法、どんどん探していきたいと思います。
[PR]
by shun-sensei | 2011-01-20 00:23 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

英語のお勉強

英語教員ながら、実は英検は2級しか持ってません。

TOEICの点数は英検1級レベル(860点)を超えているのですが、おそらく英検では準1級も受からない気がします。

その原因は単語力です。

日常会話で使用しない単語などが、ほとんど覚えられていません。

ってことで英検1級取得を一つの目標として、目指しています。



そんな単語学習の強い味方がこのシリーズです。
d0153971_22555672.jpg

キクタンという単語帳。

大学受験シリーズが4種類、TOEICシリーズが3種類、英検シリーズが準2級から4種類、そしてTOEFLシリーズが1冊出版されています。



しかも長文シリーズ、文法、カクタンなど、どんどん広げているよう。



このシリーズの大きな特徴が付属のCDです。

英単語が音楽のリズムに合わせて、英単語→日本語→英単語と読まれます。

単語が読まれた瞬間に、頭の中で日本語訳を言おうとすると、結構言えない。

でも繰り返しそれを実践すると、だんだん言える単語数が増えていきます。

いわゆる↓このタイプの単語帳が、音声に合わせて練習できるのである。
d0153971_23172150.jpg

しかも音楽が意外に聞き心地も良く、気分もまぁまぁです。



さらにipodバージョンも発売されているらしい。

これは本当便利な時代になりましたね。
[PR]
by shun-sensei | 2011-01-19 23:18 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

晩婚

なぜでしょう。

本校の男性の先生方は、晩婚の方や独身の方が多いです。

40代になってから結婚した方が2名。

一人は結婚相談所で知り合って、結婚したとか。

もう一人は今年、お子様が生まれました。

たまたま後で分かったのだが、自分の教え子の同級生だったらしい。




独身の方も多いです。

バツ一も数名いて、全部で40代の独身が6名います。




結構忙しい仕事だとは思いますが、それでも一般の企業の方が忙しいでしょう。

そうすると考えられるのが、結婚欲が減少してしまうのかなぁ。

生徒と接するという行為はある意味、愛情を注ぐ行為です。

信頼関係を結び、交流し、満たされる。

そんな関係を続けていると、そこまで愛情を求めなくなるのかもしれません(あくまで推測です)。




自分も結婚は、40になる頃くらいでいいかなって思っています。

仕事も私生活も、完全な自立ができてからでいいかなぁ。

もうしばらくは、人の人生は背負えないです。




でもこればかりは、コントロールできるものではありませんよね。





ところで英語科の30代の既婚者の方が大変そうです。

家に帰ると、子どもと遊んで、寝かしつけると自分も一緒に寝ちゃうそう。

週末は、部活か家族サービスで自分の時間がまったくない、とちょっと辛そう。

「独身がちょっとうらやましい」と言いながらも、しっかり家族につくしている様子。




自分にはどんな未来が待ってるのでしょうかね。
[PR]
by shun-sensei | 2011-01-16 23:25 | 人間関係 | Trackback | Comments(2)