<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ウナギブーム

部活の大会があり、品川方面に行く事があったので、帰りに懐かしの大井町に行きました。

大井町と言えばトンカツやラーメンやらお気に入りのお店がいくつもあったのですが。

今日は昔、まだ高校生の頃のshunsenseiが迷い込んでしまった店に行って来ました。


そのお店は裏道に入った暗い狭い道に面していました。

いつもけむりのおいしそうな匂いにウナギが大好きなshunsenseiは憧れの眼差しをもって見ていました。


さて、その日の時間は学校終わりの夕飯前の時間だったので16時くらいだったでしょうか。

店に入ると、コの字型のカウンターに、たくさんの一人で飲んでいるおじさんで賑わっていました。

新聞片手で日本酒を煽りながら、何か串焼きにしゃぶりついています。


鰻屋さんと書いてあったので、うな丼を食べようと思っていたのですが、メニューにはそんなものはなく。

ヒレ焼きなど見慣れない文字が。

とりあえず麦芽ジュースにお任せの串を頼むと、食べなれない苦味の強い部位や骨からしゃぶりつくような部位が次々と出てきました。

当時は蒲焼きなどはお持ち帰りのみだった気がします。

まだ鰻と言えばうな丼とうな重しか知らなかったshunsenseiは、食べ辛いは苦いわでイマイチの気持ちで店をあとにしました。



そんなお店がリニューアルされていたので行ってきました。
d0153971_2265874.jpg

三代目村上鰻。

当時は店名なんて気がつきませんでした。
d0153971_2264786.jpg

お任せ三種のつくねと肝焼きにヒレ焼き。

それに追加で肝焼きとヒレ焼きを追加しました。

友達が肝焼きを大変気に入っていました。
d0153971_2265120.jpg

肝焼きにたっぷりのネギとポン酢をかけたもの。

メニューには肝刺しと書いてありましたがこの日はあいにくありませんでした。
d0153971_2265269.jpg

カリカリ白焼き。

個人的には白焼きにわさび醤油に日本酒が一番好きです。
d0153971_2265420.jpg

この日はもう一軒行く予定だったので、お漬物で終わりにしました。

昔の一人のおじさま達専用って感じの店が、代替りしてかなり入りやすい店に変わってました。

今では店内でもうな重などが食べられます。

オススメなお店です。




そしてこの日のメインの狙いはこのお店の目の前にある白河ラーメンのお店。
d0153971_22711.jpg

カウンターのみの狭いお店なのでいつも並んでいます。
d0153971_227215.jpg

餃子とビールでお口直しをし。
d0153971_227598.jpg

d0153971_227814.jpg

ラーメンとネギラーメン。

スープは本場より色々な味が強くおいしかったです。

ネギより普通のラーメンが好きかな。


麺は白河ラーメンというより佐野ラーメンという感じの青竹打ちの縮れ感。

家のそばにあったらしょっちゅう行っちゃいますね。

オススメです。



さて、別の日に近所の鰻屋さんに行きました。
d0153971_2271024.jpg

肝焼き三本。

大井町の店には負けますがおいしいです。
d0153971_2271293.jpg

白焼きの上。

値段は大井町の三倍ですが、これはとても美味しかったです。
d0153971_2271687.jpg

うな重の中と肝吸いです。

友達がかなりウナギにはまりつつあります。


趣味、食べ歩きを楽しみたいと思います。
[PR]
by shun-sensei | 2014-06-14 22:00 | グルメ | Trackback | Comments(0)

初担任の受験結果

今春の大学入試の結果が出ました。

全て現役のみの合格者数でみていきたいと思います。

なお、入学してすぐに受験した外部模試の結果を見ると、入学時の学力はほぼ同じの生徒たちの比較です。



国公立大学

合格者数2.5倍。

数字だけ見るとすごいのですが、分母がとても小さいので数名増えただけです。

推薦ではなく実力でやっと国公立に合格するようになった、という感じでしょうか。



早慶上智

合格者数1倍。

個人的には惨敗してしまった層です。

予備校に通う生徒が多く、またそちらでの勉強が中心になっている生徒が多かったです。

それをもう一度学校の方を向かせるような補習や選択講座設定をすれば良かったのですが・・・。

ついついボリューム層への対応を中心にしてしまい、またせっかく数名が取ってくれた選択講座もあまり得意ではない担当がつくことになってしまいました。

完全なる反省ばかりの数字です。



GMARCH

合格者数1.38倍

分母もまぁまぁいるので、多少手ごたえが感じられる数字でした。

でも3年間が始まる時の目標は、ここを3倍にすることでした。

まだまだ自分の力不足を感じさせられる残念な結果です。

ただ、法政に関しては合格者数1.9倍、明治は分母が小さいので合格者数5倍となかなか表現の仕方ではすごい数字に見せられるのですかね??



成成明武

合格者数1.42倍。

この4校の中の特に明治学院の人気が高かったのが特徴な学年でした。

明治学院に絞ると合格者数は2.8倍です。

この明治学院の自由英作文対策はかなり時間をかけて指導や添削をしました。

また、この層が法政をもっと受験してくれたらGMARCHの合格者数ももっと増やせたのでしょうね。

塾の頃であれば間違いなく受験校の誘導を強烈に行っていたのでしょうが、今回は公教育と言うことでそこは最小限に抑えました。



日東駒専

合格者数1.31倍。

ここら辺になると分母が大きくなるので、とても手ごたえが感じられる層です。

スタートであの実力だった子を合格させられた!!という実感が強いのもこの層です。




全体の感想ですが、正直あれだけやってこの程度かぁという実感です。

1年生のころからの様々な勉強の仕方や意識を高める工夫。

比較にならないくらい増やした補習の数々。

2年次や3年次における教科内の大幅な改革。



いろんな人と戦い、自分のプライベートを潰してきました。



同じ層の生徒をこれだけ変えられたという小さな自信。

それと同時に、変えられる限界のようなものを実感している部分。

その両方を自分の貴重な経験として、今後の指導に役立てたいと思います。



自己評価…35点くらいです。

もっと彼らを惹きつけられる授業をやれたら良かったのにな。

もっと教科内で協力体制を作って、様々な層に対応できるようにできたら良かったんだろうな。

また次回の担任の時にはうまくやりたいと思います。
[PR]
by shun-sensei | 2014-06-07 16:37 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)