<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2014年を振り返る

今年一年間、お世話になりました。

いつものように一年間を振り返りたいと思います。

しかし、昨年の振り返りを読むとほぼ
同じで恥ずかしいばかりです。



家族
充実した一年間でした。

友達との関係性も一つ上のステージに入れた気がします。

本当に一生を共に生きるために必要なお互いの理解ができた一年だと思います。

ケンカも増えましたが、これからもうまく解決していきたいと思います。



健康
さらにダメダメな一年間でした。

ジムに行く回数は減り、飲酒は変わらずで。

ジムに関しては新しい職場になり、かなりハードルが上がってしまいました。

夜の20:30〜ジムに行き、夜ご飯が21:45〜なんてことも何回か試しました。

でも家族を待たせて、しかも食べ終わったら本当に寝るだけで嫌気がさしてしまい。

それならばと20:30に帰宅をし、食後に21:30〜ジムに行くことも試しました。

しかし今度は運動直後だと寝付けないことが多くなってしまいました。

と言うことで、来年度はとにかく仕事を仕分けし、もう少し早く帰宅できるよう調整して、ジムに行くことを目標にしたいと思います。

家族ができた今、長く健康的に生きることが何より大切です。

最優先の目標として取り組みたいと思います。




財産
式典にチンコン旅行に引越しに新生活にと出費が多い一年でしたが、割と貯金も進んだ一年となりました。

とにかく食費が占める割合は大きいですが、それ以外にほとんど使わないので意外に貯まりました。

来年度は自炊を増やし、更なる貯金を進めたいと思います。

ちなみにお小遣いですが、実質何も使わないので、その都度必要な時にもらうようにしています。

本当、食費以外の出費が少ない二人です。



教養
こちらもほとんど取組む余裕が作れませんでした。

教育関係も現在の職場になってからは激減。

とにかく日々の生徒対応等に追われる生活になってしまいました。

来年度は教育関係もですが、もっともっと教養の幅を広めたいと思います。

仕事とつながってしまいますが、英語史や英語学の理解も広げたいと日々思わされます。



趣味
飲食関係の趣味は相変わらずでした。

ただ、それ以外に同年代と知り合う機会が増え、人間関係を楽しむことが増えた一年でした。

これまでの同期のグループだけだったのが、現在は職場にも大勢同年代の先生が増えました。

また、チンコン旅行で知り合ったメンバーとは一緒に旅行に行ったりもできました。

そして、これだけ時間に追われていると、英語教育に関するセミナー等も趣味に思えてきてしまいます。

決してバランスは取れていませんが、気の合う仲間とノンビリ会話を楽しんだり、英語教育について語り合ったりして楽しい時間が過ごせました。

これからも続けたいです。




仕事
何だか業務と生徒対応に追われ続けた一年間でした。

中学生ということで、手がかかることと一緒にいなければならない時間が多いこと。

さらに転職先の学校がとにかく行事が多く、常に二つ三つの行事やイベントの準備が平行して行われていること。

これらにより、ひたすらデスクワークと生徒対応に追われる一年間となりました。

教材研究にかけられる時間が少なく、計画的に取り組もうとするも常に追われて仕事を終えていく印象の一年でした。

来年度はこれに委員会なども増える予定です。

流れはやっと見えてきたので、より
効率を上げて、計画的に仕事を進めます!!



人生の転機となった一年でした。

自分で選んだ転職先、まずは仕事の効率をアップさせ、きちんとその他のことに時間を回せるように工夫したいと思います。

仕事時間を減少させることでその他にかけられる精神的、物理的余裕が生まれます。


また、これまでは仕事以外のことにも十分な時間を作ろうとしていましたが、まずは英語教師として必要な知識や教養を身につけることを最優先にしたいと思います。

家族に対する時間を優先させることはもちろんですが、自分の時間を仕事関係以外のものにはあまり広げ過ぎずに、まずは一人前の教員として人を指導できるようにならないとと強く思います。



転職後、どうしても行事等が特別なものが多く、取材先に迷惑がかかりそうで記事の更新が難しくなっています。

ブログの継続もどうしようかと迷ったこともありました。


しかし、一人でもこのBlogを通じて教師の日常について知って役立つことがあればいいかな、と思い今後も継続させていただくことにしました。


来年度はもう少し更新のペースがあげられるように頑張ります。

これからもよろしくお願いします!!
[PR]
by shun-sensei | 2014-12-31 19:29 | 日常報告 | Trackback | Comments(0)