本当にあっという間の2年間が怒涛のように過ぎ去りました。

転職してよかったですか?-まだ分かりません。でも色々な経験はできていますー

それが現在の率直な気持ちです。



この二年間、体調や心の調子が優れないことが多くありました。

その一番の原因が今まで見てきた通り生徒との心のふれあいの減少なのかもしれません。

中学生という時期、そして相談にのったり話を聞いたりする物理的な場所の少なさ、そして生徒も教員も日々のやることが多すぎること。

そのような要因が自分自身の仕事への意欲の低下を招いている部分は確実にあると思います。




いよいよ来年から高校一年生になります。

少しずつでいいので、彼らとのかかわりをもっともっと増やして仕事を楽しくしたいなぁと思います。





プライベートはもっと大きく変化しました。

ただ二人だけで毎日好きなように共に生活していたのが、正式に二人が家族になり、その後家族が増えるという大きな変化がありました。

そこまでの道のりは今までのただ二人で好き勝手に生活していたころとは激変し、様々な困難が待っていました。

二人揃ってフルタイムで働きながら、さらに友達の体調が目まぐるしく変わり、自分の仕事の忙しさも忙しくなる中、様々な調整をお互いで行う必要性に迫られました。

仕事はあくまで家族を守るためにあるもの、というこれまでの自分では考えらなかった意識で仕事と向き合う必要性にも迫られました。

一度しかない小さな宝物の成長を、仕事を理由に少ししかかかわらないのはやはり間違っていると思います。



しかし今まで以上に仕事を自宅に持ち帰っても何もできません。

ずっと見ているだけでも飽きない、ちょっとでも何かをしてやりたい。

会えない時間は写真を見てニヤニヤしてしまう、実家に帰省などしてしまい会えない時間が数週間など長くなると胸がキューっと締め付けられ苦しくなる、そう中学生の時の恋する少年のようになっています。

日々見える成長を見ながら、何が何でも健康にならないとという強い意志と、しかし仕事が21時近くまでかかってしまうと、もはやどうにもならない現実に板挟み。

何とか仕事を精査し、効率化し、でもこだわりを持って仕事をできるような男になりたいです。




自己評価は非常に低いものの、ボスや主任からは非常に高評価をいただいているのも不思議なところ。

こちらが言う前に仕事を自発的に前向きに取り組めるのがshunsenseiの良さだよね、とはボスの評価。

先生がいなかったら起こっていない改革がいくつかすでに実践されてるよね。それをもっと誇りに思っていいんじゃないの。とは副ボスの評価。

自分が厳しくなりきれないときにshunsenseiがぶっこんでくれる爆弾発言やスパイスには本当に助けられました。来年も一緒に仕事ができるように自分から希望を出してください。というのが主任からの評価。



第2ステージを迎え、次々と若手の先生へと入れ替えが行われ新しいステージに入ろうとする本校。

高レベルの自己満足の内容を教えてさえいれば、生徒が勝手に受験対策を行うという環境からの脱却を目指そうとする先生方。

そんな中、何気ない自分の発言や発想が学校に大きな影響を与えられているようです。

おそらくボスも主任も自分のそんな性格を面接で見抜き、採用してくださったのでしょう。



職場の人間関係のストレスは皆無に等しいです。

基本的にみなさん全体のバランスを見て仕事をバリバリできる方々です。

仕事の偏りは当然ありますが、それは個人のさじ加減の問題であり、全体の仕事はバランス良く割り振られていると思います。

後は一部の分掌プロパーにもう少しだけ残りそうな一部の先生くらいでしょうか。

あまり気にならないくらいの少数派です。




もう一つ大きいのは授業でしょうか。

実は、活動中心の授業は、教員側の楽しさは実は若干薄いと個人的には感じています。

授業を受けている生徒は抜群に楽しそうなのですが、こちらはコントロールするのがメインなので、まぁ特に2時間目、3時間目となるとつまらないことが多いです。

やっぱり自分は雑談を加えながら、講義型で生徒を巻き込みながら語る授業のほうが終わった後に楽しかったぁと感じられることが多いです。

かなりこだわって活動型の授業を作り、また細かい点に注意して授業をコントロールしていますが、やっぱり授業中自体はあまり楽しくないです、正直。

これが楽しいと言える日が早く来て欲しいなぁというのが本音です。




学会で様々な教授法などについての研究をする時間をいただきました。

自分自身の授業を皆様に見ていただく機会もありました。

複数回ありましたが、「先生も生徒も楽しそうに授業をやっているね」との評価を多数いただきました。

まさか先生があまり楽しいとは思わず、必死に演じているとは思っていないようです。



やはり、そんなことより、大学入試研究や、生徒が食いつくような講義式の授業の研究がまだ楽しく感じてしまいます。

文法などをうまく教えて、「あ、分かった!!」「先生教え方神だよね」と言われる快感は、活動型の授業で感じられることは少なかったです。




ただ、生徒が英語の力をつけるために、彼らにどんどん英語を使わせる。

これが大切だということは間違いないことなので、お仕事として演じ続けたいと思います。

あっという間に過ぎた2年間でした。

もう3年間頑張ってまずは目の前の生徒たちを卒業させてから一度立ち止まって考えたいと思います。
[PR]
by shun-sensei | 2016-03-26 20:07 | 中高一貫校職場関係 | Trackback | Comments(0)

新人ちゃんも異動後、とてもとても遠い場所に行ったのでしばらく情報は入らないと思ったのですが。

特別な事情により、また一年間で異動をすることになったようです。

以前も書いたように、今年の彼女の職場は、場所的にはとても特殊な学校ですが、生徒数も少なく1人1人の生徒と向かい合う良い経験になると思ったのですが、、、。

残念ながら、向かい合おう、馴染もうという気持ちも持てなかったのか、それを頑張ったのだがうまくいかなくなってしまったのかどちらかわかりませんが、一年での異動となったようです。

一年での異動となると、職場内結婚や病気、家庭の特別な事情など様々な理由があり得るようですが、聞こえてくる情報だと病気ということになっているようです。

そのような異動の場合は間違いなく生活指導が大変な学校が異動先になるようですが、彼女の場合も例外じゃなかったようです。

物理的には条件は良くなりましたが、何よりも生徒との関係で苦労することになりそうなのが目に見えている学校です。

彼女の特質を見抜き、生徒が教員を馬鹿にする、そのような状況にならないことを祈るばかりです。

目の前の生徒を見下さない、彼ら彼女たちの育った環境を理解する、目一杯時間をかけて一人一人と接する時間を取る、話を聞き出す。

そのような対応ができれば、彼女の教員としての幅も大きく広がるでしょう。

力で押さえつける、感情的になる、ダメな生徒と決めつける。

彼女が以前行っていたようなスタイルでは3ヶ月もたないのではないだろうかと心配しています。

ある意味彼女のキャリアにおいて大きなターニングポイントとなるでしょう。

大きく成長する一歩目となるか、完全に適性がないと気がつくか、さらにめちゃくちゃな教員になってしまうのか。

チャンスでもあり、試練でもあると思います。

今は応援する気持ちしかありません。

少なくともその異動先で出会う生徒のためにも、彼女が大きく成長することを祈っています。

大人との信頼関係を結べずに来た場合が多い彼ら彼女ら、さらに大人不信にさせることだけは避けたいです。


情報がかなり限定的な中で、この記事を公開するかどうかは迷いました。

元々フィクションのブログとはいえ、若干迷う理由がありました。

ただ教員の日常を伝えるというこのブログの目的と、今まで何回も登場してきた新人ちゃんのその後はきちんと伝えようという結論になりました。

今後はおそらく情報は皆無になると思いますが、大きく成長し生徒の信頼を得られるような教員になってくれることを心から期待しています。
[PR]
by shun-sensei | 2016-03-19 23:26 | 新人ちゃん | Trackback | Comments(0)

先週までで、コミュニケーション英語と英語表現の授業で主に行うことを紹介しました。



コミュニケーション英語で一切文法構文を教えない点
コミュニケーション英語で予習は一切求めず、あくまで復習を通じて学ばせている点
英語表現を即興的な発話等と狙いを絞った点
思い切って文法や構文を教える時間を週1時間限定で設けている点

などが特徴でしょうか。




さて、単語テストや4択文法問題集に関してどのように扱うのか?という疑問が出てくると思います。

本校では単語集は買わせています。きちんと2年間で入試に必要な単語のほとんどがカバーされる計画です。

また4択文法問題集も買わせる予定です。

それでは多くの学校で行っているような小テスト、あるいは4択問題集に準拠したテキストを使用した授業、などを行わずどのような指導を行うのか。

そこには自分自身が前任校で感じたこと、や、先輩たちの指導している学年を見ていて感じること、をまず前提として紹介したいと思います。




前任校で行っていた高校1年次~高校2年次の授業。

実は手ごたえほぼゼロでした。

文法は、3年次に朝補習で1年で学んだ内容を、土曜講習で2年次に学んだ内容を総復習しました。

280人の学年で50人程度が参加をしてくれました。

参加をしなかった生徒の多くは、予備校で英文法の授業を取っているから、が理由のようでした。




また英語Ⅰ、英語Ⅱで扱った内容も振り返ると、結局高3になってやっと本気で取り組むようになってその価値を知る生徒が多かった気がします。

毎週続けていた単語テストも、高2の最後から高3になってから、やっと本格的にやり直す生徒が多かったと思います。

3年間を振り返った時に、高1~高2の授業って何だったんだろう・・・と無力感を感じたものです。

もちろん、早い段階から一生懸命参加をし、英文解釈の方法などをきちんとマスターしていった一部まじめな生徒もいました。

また高3になり、予備校に通いだして、高1~高2にshunsenseiに学んだ方法の復習になっている、と嬉しい言葉をかけてくれる生徒も多数いました。

でも、それって全体のごく少数。

圧倒的多数はやらされるから無理やり準備してくるだけ。

テスト前に丸暗記するだけ。

結局必要性を本人が実感して初めてやり始める。

そんな状況だった気がします。




本校の高2や高3とそんなに多くはなくとも触れ合うと似た姿を見ることができます。

ガンガン課題ばかり与えられ、それをただこなしている状況。

それと同じことを中2~中3に行いながら様々な違和感を覚えていました。




そこでまず単語集に関しては、定期試験の範囲として一定の出題はします。

それに向けてどのように学習するかは本人たちに計画を立てさせ、こちらは計画の進行具合のみ見てくことを行おうと思います。

また、小テストを作成し、いつでも利用はできるようにしておきます。

それを実施し、一つのセクションをクリアしたかどうかの判断などはすべて自分たちで行うようにしようと思います。

英数国は高2までに完成。高3になってから理社を中心に、3教科は実践力をつけるための学習になります。

高校1年次、高校2年次に使用する教材を紹介し、後はそれをどのように活用するかは生徒自身が考え運用していく。

こちらはあくまでその並走者、管理者、援助者。

使用の仕方や覚えるコツなどを伝える補習は特に初期の段階では定期的に行います。

でも、主役はとにかく本人。自分次第。

そのような姿勢で取り組ませようと考えています。





文法の4択問題集に関しても、どうしても理解しにくいところは1単位の文法構文の時間に扱う予定でいます。

でも、あの問題集に載っている内容ってただ覚えなさい、という感じの問題が圧倒的多数です。

また、生徒も1冊をやり切ったことによる安心感を感じるためにあるようなものだと思います。

本当に必要な文法や構文の根幹は1単位の授業できちんと学びます。

枝葉に近い知識をまとめたり、良く出題される表現を知るために十分に自学自習できるような教材だと思います。

よって2年次からはこのテキストも単語テストと同じやり方で取り組ませるつもりでいます。

何回も同じ問題を解いて、もはや答えを丸暗記しているだけ、というやらされている勉強からの脱却を目指します。

もちろん苦手な生徒向けの補修等は実施することになるでしょう。

補習には来ない、でもできない、そんな生徒には声掛けはもちろん続けます。

しかしその先まで追ったり徹底的に面倒を見ることはしません。

自己責任です。点数が足りなければ迷わず1をつけます。




このようにして、今まで1単位分くらいの時間をとっていた単語テストと4択問題集テストの時間を節約し、本当に必要な文法や構文、英文解釈の方法を指導することにしました。

実際にやってみてあまりの生徒の意欲の低さに方向転換する可能性は十分にあります。

でもどんな生徒も、勝手に押し付けられた範囲とペースでやらされるより、自分が主体的に学習する方が意欲は増します。

きちんと結果という形でこのやり方の正しさを証明できたらいいなと考えています。




このような形で、教科書と副教材を、授業と補習をうまく使い分けながら指導していく予定でいます。

きちんと授業で行うもの、と、補習で行うもの、を意識して構成してみました。

生徒には英語は予備校不要、と引き続き伝えています。

あくまで学校で十分なのが英語だと思います。

その代りこちらも予備校での指導方法など今まで学んだものを振り返り、また必要に応じて新しい方法も勉強しています。

生徒が意欲的に学習し、4技能バランス良く使える英語力を身につけ、同時に安心して入試に立ち向かえるような環境を提供したいと思います。

2回目の大学入試に向けてのチャレンジです。

3年後、きちんと手ごたえを感じられているといいなぁ。

頑張ります!!
[PR]
by shun-sensei | 2016-03-12 19:42 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

先週はコミュニケーション英語の狙いと実施方法について書きました。

今回はもう一つの科目、英語表現について書きます。



さて、コミュニケーション英語で4技能をバランス良く育てるための指導を行っているにもかかわらず、さらに英語表現という科目がある不思議さ。

英語表現と言うと、逆に話す力と書く力の2技能に特に焦点を当てることになるのでしょう。

それくらいoutput活動がまったく高校現場では行われていなく、文科省からの強いメッセージだという意見を聞いたことがあります。

実際どのような狙いなのかは学習指導要領を読みこんでも分かりません。

そこで自分らなりの解釈でコミュニケーション英語の授業で行うoutput活動と英語表現の授業で行うoutput活動を分けることにしました。






本校ではどうしても英語表現の時間が軽視される傾向があり、2単位の科目なのですが、1単位×2という感じで、それぞれの曜日で担当者が異なります。

そのため、今まではずっと、片方の授業で一貫して単語テスト+何かという形でやってきました。

その何か、は学年によって異なり、教科書のライティングの部分の答え合わせをやる学年もあれば、構文集を扱う学年もあったようでした。

そして2年次にはそれにネクステージの確認テストが加わるというありがちなパターンです。


もう一時間の授業では教科書を使用し、大体3時間をワンセットにしてスピーチ発表を行っていたそうです。

教科書ワンレッスンを用いて、input→原稿作成と練習→発表(output)という流れで行っていました。

1単位分なので9~10回くらいのスピーチ発表を行う機会がありました。







我々の学年からは大幅な変更を行うことにしました。

まず今まで単語テストなどを行っていた1時間は完全に文法・構文の授業にあてることにしました。

やはり文法を体系だってきちんと学びたい、という生徒の声と高校3年生の補習を行った際に自分が感じた手ごたえが理由です。

現在考えているのは、1年次に文法の全範囲を、参考書、教科書、ワークブックを使用して学びます。

授業は最小限の説明→グループで共通の活動をしながら教え合いを行う→グループ対抗クイズ合戦という流れで、年間30回程度の授業で何とか文法は全範囲学んだ、という強い実感を持たせることを目標とします。

同様に2学期程度から、英文解釈に必要な方法も指導し始めます。

高校2年次には、この英文解釈がメインになります。

きちんと和訳ができるために英文の構造をきちんとつかめる方法を指導する予定です。

この時は単位数の関係でコミュニケーション英語の中の1単位分に変更します。

なお並行して、文法の中でも躓きやすいポイントや分かりにくいポイントをネクステージから取り上げそれも扱います。

3年次に関しては、実施してみないと何とも言えない部分がありますが、和文英訳と語文訂正を中心に文法構文を完成へと導きたいなと考えています。






もう一時間の英語表現で、きちんとoutputに特化した授業を行います。

コミュニケーション英語では、準備された発話や英作文が多いため、こちらの英語表現の授業では徹底的に即興的な発話や英作文に重点を置きたいと考えています。

中心になるのはディスカッションやディベートになると思います。

ディスカッションやディベートの基本的な表現を学び、必要な表現の一部をinputした上で、それぞれが持っている表現を駆使して即興的な発話をする練習を繰り返します。

また、よりauthenticな英語使用もこちらの授業で扱う予定でいます。

4技能試験で求められるようなemail, 留守番電話への入れ方、などアメリカで留学生として生活していれば必要になるような状況におけるoutputなどもこちらで扱う予定です。

これがなかなか良いテキストが見つからず、現段階では英語のディスカッションなどを複数書き起こしたものを使用する予定です。

しかしその都度自分たちで考え、探し、作成することになりそうです。

この即興的なoutputは2年次には英語表現2単位すべてを割り当て、今までの単語テストなどを行っていた1時間をコミュニケーション英語から切り取るつもりで今動き始めています。





このようにコミュニケーション英語では純粋に英語で書かれた本文を楽しみ、それをどんどんintakeしてoutputし自分の中の使える表現としてストックさせる。

英語表現の1時間(2年次のみコミュニケーション英語の1時間)を使用し、文法や構文、和訳というものに特化をすること。

そして、1年次の英語表現の残りの時間で、即興的なoutputを徹底的にトレーニングすること。

二年次には和文英訳から自由英作文、エッセイの書き方を徹底的に指導。

このような構成で高校3年間の英語の授業を組み立てるつもりでいます。
[PR]
by shun-sensei | 2016-03-05 19:08 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)