TEAP連絡協議会に参加した報告の続きです。

本日は立教大学の松本茂先生の講演の感想を中心に報告します。

この講演を通じて、改めて英語教育とは何だろうと考えたことと同時に、立教大学の良さと課題を実感しました。

講師の松本先生はNHKテレビの「おとなの基礎英語」の講師もされている英語教育界では大御所中の大御所。

実は初めて講演は聞きましたが、やはり素晴らしい講演でした。

立教大学での外部試験の導入の目的は2つ、大学自信のグローバル人材の育成という高い志と、我々高校で4技能を指導している中高の教員に対する寄与だそうです。

前者はどの大学もアピールしますが、後者の我々高校教員への配慮を伝えてくださる大学は初めてのように思いました。

立教大学の導入の特徴は、全学部入試の採用方法で、全学科採用テストも基準も統一であるという点でしょうか。

さて、前者のグローバル人材育成の点に関して言うと、この数年留学先からのIELTSの点数等に対する基準がかなりシビアになっているそうです。

今までは若干英語力が足りていなくても、交換留学協定が結ばれていて大学側からのきちんとした推薦理由があれば受け入れ可能だったところが、この数年はきちんと点数に対してシビアになったそうです。

それだけ英語力のある学生が増えているからでしょうか、それだと嬉しいですね。



また日本に留学しにくる学生の変化も大きいそうです。

昔は日本に留学=日本語を学びに来るという学生が多かったそうです。

それが今では全く日本語を話せない状態で、あくまでその学問を学びに来る学生が大幅に増えたそうです。

あくまでその学問を学ぶ環境として日本の大学を選んでくれているのだから、当然英語で講義をしていく割合を増やしていかなければいけませんね。



また、後者の中高の現場の教員に対する寄与ですが、大学側からしても切実な問題だそうです。

なかなか大学入学から2年間だけで、話す力や書く力を伸ばすことの難しさ。

可能な限り中高からずっと4技能を指導していてくれると大学入学後に指導する必要性が減ります。

究極の目標は大学で英語という授業がなくなることだそうです。

高校までに英語力を十分に付けた学生が、英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶような時代が来ることを目標にしているそうです。

その通りであるべきだと思いました。

立教大学では外部試験の導入方法として、出願要件という方法を取っています。

つまり出願するためには外部試験で何点以上のスコアが必要と言う方法です。

この理由は2つあり、レベルはCEFRのB1に設定しています。

理由のひとつ目は大学側が設定しているアドミッションポリシーとの合致という点からも、高校までに十分に4技能を鍛えて入学し、大学2年間で留学準備を整えられるようにしたいそうです。

理由のもう一つとして、入学選抜そのもののに対する改革の第一歩という意識があるそうです。

1点刻みで合否を決定している現在の制度や、そこに英語の点数が活用されていることに違和感があるそうです。

大学で学ぶための能力が十分にあるか?を測定するのだから、国際標準である最低基準方式を取るべきとのことでした。

長年にわたり語られているテーマですが、中々日本からこの「ちょっとでも偏差値の高い大学に入学する」競争がなくなることは難しいかもしれませんね。


さて、出願基準をCEFRのB1に設定した理由は、大学在学中に留学に必要なレベルであるB2レベルまで引き上げることが可能なレベルだからという理由だそうです。

また英検に関しては、ライティングが導入される平成28年4月以降のものに限定し2級でも利用可能になるそうです。




さて自分が感じた課題ですが、やはり入学定員に対する割合の問題が一つあります。

外部試験を利用する入試が、自由選抜入試というAO入試にあたる実質専願入試のようなものや、帰国性入試や指定校推薦、付属高校の入試など特殊な入試を含めて定員の50%を2019年度に達成するそうです。

正直50%という数字を聞いて素晴らしい、と思っていましたが、いわゆる一般入試での活用機会はかなり限定的で、それ以外の選抜方法が中心だと初めて知りました。

自分がイメージしていたような、外部試験を一般入試で活用して、試験前は英語以外の教科に専念して入試で有利になる、という生徒へのお得感というか旨みはなさそうです。

9割以上が一般入試の本校のような学校では、まだまだ活用は難しいかもしれませんね。

こちらの勝手な思い込みですが、それにしてもガッカリしてしまいました。

また、立教大学で外部試験を利用した生徒の8割がTEAPを、1割が英検を利用したそうです。

立教大学はGTEC CBTも利用可能で、その点に関しては素晴らしいと思うのですが、現実は9割が英検協会の寡占状態のようです。

これに関してはやはり大きな問題があると改めて思います。



全体的に立教大学という大学に対する印象も高まった講演でした。
[PR]
by shun-sensei | 2016-06-25 17:45 | TEAP, GTECなど4技能外部試験 | Trackback | Comments(2)

先日TEAP連絡協議会に参加させていただきました。

本日はその中でも上智大学の入試センター長のお話を聞いた感想を中心に報告したいと思います。

上智大学は2015年度のTEAP利用入試では全学科2技能のみ、2016年度になり学科により2技能と4技能がそれぞれ設定された入試を行いました。

2技能(読むこと、聞くこと)から4技能(+書くこと、話すこと)にした結果、4技能を課した学科は志願者が大幅に減少しました。

例えば経済学部経営学科では2015年度入試で1011人いた志願者が2016年度入試では152名にまで減少しました。

その他にも、経営グローバル774→282、社会542→105、新聞501→115など、4技能入試を課した学科ほど大きな減少が見られました。

その要因は当然4技能を計られることを受験生が敬遠したことが理由の一つ。

もう一つに、もともと2015年度の入試があまりにバブリーな状況だったからということでした。

例えば先ほどの経済学部経営学科は2015年度入試における実質競争倍率は20.3倍。

社会学科も28.5倍と大学入試としては異例の倍率だったものが、通常くらいの倍率に納まったという見方も可能かもしれません。


さて、上智大学ではTEAP利用入試のスコアと入学後に行われるプレイスメントテストの試験の点数から様々な分析を行っています。

その結果から非常に興味深い分析が発表されました。

まず、TEAP利用型入試と一般の学科入試の入学後の点数の結果ですが、2技能を課した学科では学科入試(一般入試)の学生の方がTEAP利用型入試の学生より点数が高かったようです。

4技能を課した学科では、さすがにTEAP利用型入試の学生の方が若干学科入試(一般入試)の学生より点数は高かったようですが、必ずしも英語力の高い学生がTEAP利用型入試を選んでいるのではないことがこの結果から見えてきます。

大学側の考えとしては、2技能型の受験生に関して言えば、出願要件に過ぎないTEAP利用型入試より、一般の学科入試できちんと差をつけたりしようとしたのではないかとのことでした。(TEAP利用型入試では基準を超えているかだけを見て、点数の差はみません、つまり英語で差をつけられません)

確かに2技能型入試では前年の倍率を考えても一般の学科入試の方がお得かもという受験生の心理もうなずけます。



また何より興味深かったのが各技能の相関関係です。

つまり、スピーキングやライティングの点数が高い生徒は、リーディングやリスニングも点数が高いのか?という関連です。

これを分析することで、今のリーディングに偏った入試で十分に学生の英語力が計れるという意見の真偽がはっきりします。

分析結果は、リーディングリスニングとライティングスピーキングの相関はあまりない、という結果でした。

つまり、2技能だけの入試では、アウトプットの力を計ることができていないという問題点があるということが今回の分析からは結論付けられました。


ちなみに、書く力と話す力の間にはもっと相関係数が低いそうで、書けるから話せるでもその逆でもないことがはっきりしたようです。


これらの結果は今後の入試はどうあるべきかという議論に大きな影響を与えられそうですね。


さて、上智大学の入試に対する姿勢は素晴らしいもので、2017年度からは全学科で4技能を課すそうです。

またそれ以外の教科においても記述式の出題を課し、単なる知識型の入試ではなく、これからの入試改革を先取りする意識で行っているそうです。

2016年度入試の問題が紹介されましたが、世界史の問題でまるで現代文のような文章を読み、一つの歴史的な仮説に対して論じるという問題や、数学の証明問題共に、全問マーク式の印象だった上智大学のイメージが大きく変わりました。

入学後の追跡調査や、英語で講義を行うCLILカリキュラム、留学制度や海外でのインターンしぷの拡充など、一つの大学としての姿勢は素晴らしいです。

入試の受験料という収入を捨ててでも、よりよい学生を育てて排出しようという素晴らしい姿勢に対して、応援したい気持ちでいっぱいです。


ただ、今後も自分は一つ言い続けたいことがあります。

それはTEAP以外の外部試験、特にGTEC CBTの2つの外部試験を必ず利用可能にするべき、という意見です。

その理由は改めて書きますが、一社による独占状態は絶対に避けるべきだし、そのために各大学はTEAPとGTEC CBTの2社の試験を利用可能にするべきです。
[PR]
by shun-sensei | 2016-06-18 16:58 | TEAP, GTECなど4技能外部試験 | Trackback | Comments(0)

キッチンニュー早苗

昔学生時代に下宿をしていた時期がありました。

そこは食事付きの共同トイレ共同風呂のお部屋。

毎日食事のおばちゃんが美味しいご飯を用意してくれました。

ただおばちゃんもお休みが必要で、毎週土曜日はおばちゃんはお休み。

その代わり作るおじさんはみんなから寿司職人と呼ばれる見た目。

でも料理はあまり美味しくない寿司職人。

寿司職人の日である土曜日は下宿先のみんなで外に食べに行ったりしていました。(きちんと事前に申告すれば大丈夫でした)


その頃よく行ったお店がこの二店。
d0153971_19485848.jpg

洋包丁のスタミナ焼きランチが大好きでした。
d0153971_19485945.jpg

おばさんがちょうど親くらいの年齢で、ボリューミーで好きでした。

どっちもまだ健在で迷った末早苗さんに会ってきました。

記憶の奥にピラフが好きだったことと、ピラフ+料理で大満足だったことを思い出し注文。
d0153971_19485926.jpg

ハンバーグピラフ。

ピラフは豚肉がカリカリで、少しジャンキーな味が懐かしかったです。

ハンバーグは肉汁溢れ、デミグラスが深い味わいで絶品でした。

早苗さんは覚えていなかったけど、変わってませんでした。

本当懐かしいなぁ〜。




こんなノスタルジックな気持ちになったのも研究会がここであったから。
d0153971_19485994.jpg

学生の雰囲気なのか、景色なのか、とにかく胸をキュンキュンさせられました。

よみがえる様々な記憶。

若かった頃の記憶というか、あの頃の不安定な気持ちが思い出されます。

何で自分はあんなに不安定だったのかなぁ。
d0153971_19525384.jpg

キャンパスライフが羨ましかったです、ちょっとだけ。

近いうちに洋包丁に行きたいと思います。

さぁ、未来に向かって頑張ろう!!



[PR]
by shun-sensei | 2016-06-11 19:32 | グルメ | Trackback | Comments(0)

生き方を考える

仕事の特性上か、フルタイムで働く女性や共働きの家庭がとても周りには多くいます。

女性職員の方々はもちろん、男性の職員であっても同職同士の結婚がとても多いです。

友達が2人に増え、現在その2人は毎日家で2人っきりの時間を過ごしています。

自分は仕事終わりに帰宅し、夕飯を食べ小さい友達とお風呂に入り、小さい友達は風呂上がりの流れで寝かせつけられます。(仕事始めの2週間はあまりに忙しく、朝寝顔の友達を見て出かけ、帰宅するとまた寝顔の友達を見るという毎日で、なかなか動く小さい友達に会えていませんが・・・)

小さい友達を寝かせつけた後、大きな友達と2人で1時間くらいコミュニケーションを取って寝る。

何とか睡眠時間6時間を確保できるか、というスケジュールです。



そこで考えるのが友達の復職についてです。

みなさんやっていることなのでできるとは思うのですが、果たして2人で働きに出ることが本当の幸せなのでしょうか。


人が働く意味は大きくバッサリ分けて2種類あると思います。

一つは金銭を得るため。

もう一つは人生の生きがいと言うべきか、自己実現と呼ぶべきか。

働くことで得られる充実感や満足感というものだと思います。



そこで我が家の場合どうするか。

まず後者の生きがいに関しては、現在の友達は小さな友達との時間やお世話が何よりもの生きがいになっているようです。

いつかは巣立つのだから、自分の時間や自分の趣味も大切にしたら、とは言っているのですが、現在の友達はとにかくすべてが小さな友達のため、という感じです。

よって、人に面倒を見てもらいながら復職という感覚が今はまったく理解できないようです。



もう一つが前者の金銭的な理由。

もちろん自分も友達も二人とも働きに出ていればかなりの余裕のある生活が過ごせます。

それでは自分の稼ぎだけではどうかというと・・・。

贅沢はできません、いい場所のいい条件のマンションは買えません。

でも十分生活はできるし困ることはありません。



二人ともフルタイムで働きながら、家事のすべてを完全分担しながら小さな友達の成長を見守る毎日はとても慌ただしく大変な毎日に感じられてしまいます。

それであれば、片方が講師でもやりながら、小さな友達の成長に合わせて少しずつ時間数を調整する毎日の方が幸せではないかなぁと思ってしまいます。

もちろん友達がフルタイムで働き、自分が主夫と講師をやることも視野に入れています。



また、もし自分がフルタイムで働くとした場合、どういう働き方をしていくのか。

気が付くと現任校でも様々な改革を先導し、気が付くと忙しい毎日を過ごしています。

そういう職場に転職したのだから仕方ないのですが、やはりあるがままの状況で程々に働くことができないようです。

より良い職場を作るために、より機能する組織を作るためにあれこれと新たな提案や企画を初めてしまっています。

管理職や主任はそれを期待して自分を採用してくださったようですが、もう少し普通におとなしく仕事できないものかなぁとたまに呆れてしまいます。




一度しかない教員人生。

一度しか過ごせない家族の日々の時間。

人生の中心に何を据えるか。

仕事にとにかくうちこんでいる先生、家族のことがとにかく第一の先生、趣味のことがとにかく中心の先生、部活の指導に全力を注ぐ先生。

色々な先生を見てきました。

自分が生きる人生、目指す教員の姿はどんな感じなのか。

少なくとも前職の頃のように仕事すべて、ではなくなりました。

でも気が付くと次々と仕事を始めてしまう自分もいます。

何事もバランス良く。

自分なりのスタンスやルールなどを決めていきたいと思います。
[PR]
by shun-sensei | 2016-06-04 21:59 | 日常報告 | Trackback | Comments(0)