みなさんは英語の授業で生徒に何を身につけさせたいですか?



前任校の自分であれば、「大学受験に合格する英語力」と答えていたと思います。

実際授業もその点に集中し、本文を広げて何かを指導することなど一切なかったです。

あくまで本文に出てくる知識を伝達する、知識を身につけさせるような授業でした。

かろうじてパラグラフリーディングなどで論理構成などについて指導をしていたくらいでしょうか。



現在の自分はと言うと、一言で言うと「生徒の人間力を高めたい」でしょうか。

この場合人間力とはどのようなものでしょか。

改めて客観的に考えると自分が生徒に無意識で求める人間力とは、仕事でもプライベートでも多くの人々に求められるような人材になることをを目指させているのかもしれません。

少なくとも目の前の高校生に対してはそれを強調することが多いと思います。

そのような周りから求められる人材とはどのような人間なのでしょうか。



英語力やコミュニケーション能力はもちろん大前提。

その上で様々な価値観を認める視野の広さを持っています。

物事を深く論理的に思考する力とそれを表現する表現力を持ち合わせています。

最低限の教養を持ち、また行動力があり、様々な経験をしています。



そのような姿を生徒に目指させたく英語の授業を行っています。

英語が使える力をつけさせることはもちろんです。

ペアワークやグループワークを通じてコミュニケーション能力を鍛えます。

また何より教科書本文を用い、様々な生徒の心を揺り動かす発問を行うことを心掛けています。

内容を深めるためには日本語を用いて、生徒が考えもしなかった価値観を示したり、反対側からの視点を提案します。

生徒から様々な意見が出なければ、ネット上の意見などとしたうえで生徒たちと異なる意見を紹介します。

それを生徒たちが否定した上で、実は反対の立場から考えるとどのように見えるかを見せ生徒の固定観念をつぶしにいきます。




そのような英語を教えるのではなく、英語を通じて色々な能力を身につけさせられるよう授業作りを行っています。

そうすると、授業作りも授業中もとても楽しくなります。

関連動画を探したり、画像を探したり、教科書本文の何倍も関連文献等を調べたりとても大変ですが、生徒の成長が目の前で見られ、とても授業が楽しくなります。

そして自分自身が生徒の発言から学ぶことも多くあります。

想像しなかった生徒の意見、発想、物の見方。

授業作りと生徒を通じて自分自身の成長を実感できます。

皆さんも改めて英語の授業で何を指導するか考えてみませんか。

[PR]
# by shun-sensei | 2017-09-09 10:09 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

英語で英語の授業を行うようになっている先生が少しずつですが増えているようです。

嬉しい限りです。

しかし、授業では英語でどんどん活動を取り入れているのに、評価は従来の方法から変わっていないケースも多いように思われます。

それでは生徒が混乱をしてしまうと思います。

生徒の授業内の英語での活動が増えたならばそれに合わせた成績のつけ方をするべきでしょう。


具体的にはまずは観点別評価を行いましょう。

そうするといかに今までの定期考査が知識を試していたかと気が付かされると思います。


もちろん定期考査で初見のリスニング問題を出題してください。

前任校では適当なリスニング教材をそのまま出題というあり得ない方法でしたが、きちんと授業で鍛えた力を意識して、手作りの原稿と手作りの音声を用意しましょう。

ライティングも必ず出題すべきですが、和文英訳は書く力ではなく文法力に分類されるので注意が必要です。

書く力とは、生徒自身が中身から考えて書いた英文に適用されます。

また読む力を計ろうと思ったら教科書本文をそのまま出題するわけにはいきません。

一度すでに読んでいる英文を出題しては、読む力ではなく知識になってしまいます。

かといって、そこら辺から適当に英文を持ってくるのも読む力という点ではマシですが、授業から乖離しすぎてしまいます。

よく同じテーマの他教科書の英文などを出題する先生もいますが、それも知識になってしまったり授業で指導した力でないことが多いと思います。

そうなると唯一残される手段が、自分で英文を書く作業です。

授業で扱った表現を用いながら、授業で指導した読む力に合わせた英文と設問を作成します。



さて、好き勝手書きましたが、ここまで実践できている先生は本当少数だと思います。

しかし、理想は忘れずに、少しでも近づけて欲しいと思います。

今までの教科書本文そのままで出題していた定期考査がいかに作成が簡単であったかを知ることから始まるのだと思います。

英語は技能を鍛える実技教科です。

きちんとその技能の成長を計る定期考査を作成しなければいけません。

また、話す力はどうしても授業内で評価していくしかありませんが、きちんと成績にその割合を含める必要があります。



生徒に評価の観点や規準を示し、そのもとで授業を行い、それに合わせた評価を行っていく。

このような指導としては当たり前のことが行われていない現実があると思います。

少なくとも私の前任校はそうでした。

一日も早く、適切な指導が行われ、適切な評価が行われるよう、自分自身も色々と指導方法を広げる機会を作れるよう努力していきます。

[PR]
# by shun-sensei | 2017-09-02 10:56 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

夏休み2017

今年の夏休みは様々な事情があり、かなりおとなしく過ごしました。

まず初めの週の土日を使って夢の国へ、それ以外にはあとは友だちの実家に里帰りしただけの夏となりました。
d0153971_13220027.jpg
お部屋はベネチアサイドではありましたが、かなりの外れの位置でパークの雰囲気も薄く、、。


d0153971_13270236.jpg

雨も降っていて大人しく部屋で過ごしました。
d0153971_13270308.jpg

d0153971_13270402.jpg

2日目はショーやパレードを楽しみ、暑いので早々と帰宅しました。

友だちの体調が思わしくないのでピンポイントでのお楽しみとなりました。

あとは友だちの実家で美味しいものを色々といただきました。
d0153971_13270427.jpg

d0153971_13270573.jpg

d0153971_13375479.jpg

あまりお出かけもできるわけではなく、のんびりと、というわけにもいかず、小さな友だちの暴君ぶりに振り回される毎日で、休みなんだか逆に疲れるんだか分からない日々でした。


夏期講習は7講座、3週間かけて行いました。

いよいよ高2ということで手ごたえのある講座が開けました。

研修会は予定通り予備校、学会など複数のものに合計6日間。

しっかりと学んだことをこれからの授業に生かします。

ってなわけで様々な諸事情により、地味な充実した日々を過ごしています。

しばらくはチャレンジのために色々と我慢しながら乗り越えないとです。

大変なことも多いですが頑張ります!!
[PR]
# by shun-sensei | 2017-08-26 23:44 | 日常報告 | Trackback | Comments(0)

文法指導の方法について本日は書きたいと思います。

中学生を教えていて、生徒が使えるようになる文法指導の方法を実際に行うことができました。

大先輩方の指導方法を参考にし、真似をして指導をしたところ、面白いように生徒は理解をし定着することができる生徒が多かったです。



そんな経験をしたにも関わらず、昨年度高校1年次に文法を従来の予備校方式で教えてみました。

自分なりに工夫を加え、これ以上分かりやすい説明はないと自負する説明後に文法のドリルを解かせます。

宿題用に練習問題を与え、次の授業で復習の小テスト。

週1位時間のためかなり駆け足になってしまったことも原因の一つでしょうが、それ以上に生徒の中でしっくりこないまま進んでいったようです。

そして一年が過ぎ、現在2週目を指導していますが、本当に定着ができていなくて反省ばかりです。

焦らず、一つひとつの表現を定着させることを優先すべきだったと後悔しています。



定着する文法指導のためには、理屈の説明より慣れさせるのが大切なのだと思います。

まずオーラルイントロダクションのように、該当の文法事項を何回も教師が使う小話を用意します。

教師が数回その表現を使った後には、生徒に使わせるような質問をして、生徒自身にも使わせます。

そしてペア活動で使った後で、いったん日本語でその文法事項の説明を行います。

その後パタンプラクティスを行い、その表現をさらに何度も使わせます。

そして何か数文で良いのでその文法事項を多用する英文を読ませ、何度も音読させます。

最後にその文法事項を使うアクティビティを用意し、さらに使わせます。



ここまでやってやっと生徒の中でその文法事項が定着します。

生徒自身のライティングでその文法事項が登場するようになります。

文法問題はサッと正解が選べるようになります。



週に1時間では31項目くらいを扱うことが限界かもしれません。

仮定法であれば、仮定法過去、仮定法過去完了、should, were toの代表3パターンが限界かもしれません。

しかし根本となる用法をきちんと定着まで指導をすることの大切さを最近は強く実感しています。



網羅性の解説はもっと先でも良かったのかもしれないなというのが正直な昨年の指導の反省です。

網羅したところで生徒が正解を選べない、正しく英作文で使えていないのでは網羅した意味がありません。

そんなことを反省に今後の指導を行っていきたいと思います。


みなさんはどのように英文法を指導していますか?

[PR]
# by shun-sensei | 2017-08-19 11:18 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

もう欲さなくなる年齢かと思いきや、まだたまに食べたくなるラーメン二郎。

自分の場合学生時代のセンセーショナルな出会いがきっかけでした。

たまたま大学の帰り道に入り頼んだ豚ダブル大。

あれから10数年を経て、現在はとあるインスパイア系にハマっております。

そのお店はつけ麺の元祖で有名な大勝軒というお店。

大勝軒なのに裏メニューとして始めた豚麺なる商品。

現在では注文の半分以上がこの豚麺になっております。

自分はいつも豚麺の小を頼みます。
d0153971_03151219.jpg

d0153971_03151349.jpg

d0153971_03151320.jpg

小豚の方ぁ〜と少しゾクッとする呼ばれ方をします。

食券を渡す瞬間にニンニクは入れますか?と聞かれますので、そこでコール。

自分は基本、ニンニクなし、ヤサイマシと呪文を唱えます。

それで先ほどの写真の感じの盛りに。

麺はモチモチ感というか、さすが大勝軒という感じの仕上がりです。
d0153971_03151431.jpg

まぁ、ラーメンとは思わず、二郎インスパイア系と思って食べないとですよね。

小豚で自分はちょうど昼食として満足できる量です。

午後の活動に支障をきたすこともなく、若干周りから振り返られる程度の香りで過ごすことができます。

今年は9月中旬まで限定で豚つけ麺が登場。
d0153971_03151588.jpg

麺は冷え冷えではなく、一度冷水で締めたものを温め直した印象。
d0153971_03151656.jpg

麺の上に野菜等が乗っかってきます。
d0153971_03151645.jpg

つけ汁は若干の酸味と辛味に玉ねぎがアクセントで入っています。

アブラの甘みと旨みに酸味、辛味、が混ざり合い、麺に絡まって口に入ります。

d0153971_03151700.jpg

豚は最初に汁に移し、温めてからいただきましょう。

普通に食券を小豚で購入し、渡すときにつけ麺でと申告するだけです。

ヤサイマシはできません。

9月15日までの限定商品みたいです。

しょっちゅう食べには行けませんが、通勤途中で降りて食べに行ったりしています。

オススメです!!

大勝軒飯田橋店、行ってみてください。

[PR]
# by shun-sensei | 2017-08-12 10:53 | グルメ | Trackback | Comments(0)