民間に対する態度

自分は飲食店などで店員さんに気を使ってしまいます。

自分が飲食店アルバイトを経験した高1からの癖です。

だがサービス業で納得できない時は、結構戦ったりもします。

それで、周りの人が不快な思いをしてしまったこともあったでしょう。

そんな思いをしたみなさん、ごめんなさい。




昨日は学校の福利厚生を扱っている事業団から来ましたぁ、と生命保険会社の人が帰り際に挨拶に来た。

先制パンチとしてこちらから「保険の案内ですか?」と手に持ってる資料を見て言ってしまった。



先方「事業団から説明をするようにとの指示があるのと、お祝いをお渡ししたいので、お約束をさせていただけたらと思います」

私「あぁ…、資料を読んでおくのでモノだけ置いて行ってくれませんかねぇ…」(面倒くさいけど、職員限定の特権もあるかもしれないしなぁ)



先方:「事業団の方からちゃんと説明するように言われているので、それはできないんですよぉ。6月中旬以降でご都合のいい時に伺いますので30分ほど時間を取れませんか?」

私:手帳を見ながら…「う~~ん、一年間の流れがよく分からないので、先の約束は入れられませんね。変更してもいいからと言われましても、その変更さえ…(面倒くさい)。今ちょっとだけ、さっと、話して帰れないんですか??」

2~3分のやり取り。先方はどうしても、30分話したいらしい。

先方:「夏休みのころなら時間取れそうですかね?」

私:「そうですね、夏休みなら取れるかもしれません…」



この時イライラは50パーセントくらい。

まだ目を通していない福利厚生のパンフレットや冊子を見て、何が何なのか分からない自分にもちょっとイライラ。もう少し、先輩から話を聞いておくんだったかな。

ただの民間業者なら、二度と来ないで下さい(笑顔)と言うところだが、いかんせん福利厚生の事業団と提携しているみたいで。

でも、どうしても話を聞きたくない。だって営業だもん。



なかなか帰らない。

なんだかごそごそ何をやってるんだろう。


5分くらい色々入り口でやって

先方:「そうしましたらこれだけでも書いて提出してください。お得なので」

新社会人おめでとうキャンペーンみたいなチラシ。応募すると商品が色々当たるらしい。こんなんで個人情報流れるほうが今後めんどくさい。欲しいものがあれば、金出して買うよ。ただの営業だと確信した瞬間だった。

私:「えっと、これってやらないといけないんですか??」(やって当然という感じで来たので)

先方:「いえ…、やらなきゃいけないってことはないのですが。いいのですか?」

私:「結構です」目の前で捨てる。(イライラ80パーセント)





後で調べたら教職員の50パーセントがこの会社の保険に加入しているらしい。

福利厚生事業団を名乗っていたが、ただの生命保険会社の営業。

なんだかやり方が汚くて、とてもイライラしてしまった。




基本的に営業が嫌いだ。

出版社もこの時期は教科書採択のため営業に来たがる。

対応に時間をかけるのはどうしても時間の無駄に思えてしまう。

しかも先方がわざわざ、時間と労力をかけてまで売りに来るってのは、なんだか裏を感じてしまうのだ。

こちらのテンポに合わせた話し方をしてくれる営業の方とは話が合うし、こちらも情報が分かって助かる。

だが売り手側のテンポで話をされると、ズバズバ突っ込んでしまって、大体最後は気まず~~い空気で終わる。

建前:そんな話を聞いてる時間あるんだったら一分でも多く生徒のために時間をかけたいんだよ。
本音:授業の準備がギリギリで終わってないんだから、それどころじゃないの!!




欲しいもの、必要なものは自分で調べて、納得して買う世代。

電気製品は電機屋で手にとって、ネットで評判や最安値を調べて買う。

だからこの保険屋の話も聞くのは嫌だ。

絶対ケンカ別れするのが分かってるから。

今度来たら断ろう。




学校にいる時は基本的に暖かいオーラmax、ウザいくらいの挨拶、突っ込みすぎる首、うさんくさいくらいのヨイショをして演じているのだが、外部の民間会社に対応する時はスイッチが入れ換わってしまう。

私立大学や出版社、保険会社などと対応する時に、別人のようになる自分がいる。

ちょっと失礼。非常識かも。

でもこれくらいの対応がちょうどいいという感覚も前職で何だか持っている。
[PR]
トラックバックURL : https://shunsensei.exblog.jp/tb/11189276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shun-sensei | 2010-05-27 06:17 | 職場関係 | Trackback | Comments(0)