オープンスクール

オープンスクールが行われました。


10年前くらいまでは、公立高校で説明会なんてごく一部の学校で行われていただけのようです。

本校でもまだ始めて5年くらい。



先生方・・・、休みを取る人、講習をその時間にやっている人、普通に昼くらいに来る人、職員室で我関せずって感じの人。

説明会が仕事の一部という意識がないようです。





昨年度の来校者は180人。

今年は200くらいかなと考えていました。




受け付け開始時間より、はるかに前から来る人がいて、???の雰囲気が。

まだ40分前なのに続々と来る・・・。

どうしたんだろうねぇとのんきに考えていました。

列はどんどん長くなって、校門の外にずら~~っと列が出来ている。




分担された仕事は終わっていたのだが、急遽走り回りました。

まず、机一つに3枚の名簿で受付をしていたので、机をもう一つ増やし受付場所をもう一か所作る。

保護者の方には先に入っていてもらい、生徒だけを並ばせて、列を詰めさせる。

「お待たせして申し訳ありません」を300回くらい言っただろうか。






予定の来校者は200人。





結果は540人の来校者。




スムーズに運営できるはずがありません。




説明会→学校見学の予定を、見学→説明会も追加して2部構成に変更。

とりあえず教室に通したみんなに一部屋づつ謝罪と説明をして・・・。

第2部の説明会にも入りきらず、結局第2部は3か所で同時開催。




50人いるはずの教員のうち、10名近くで大騒ぎをしました。



帰宅時には出来る限り一人一人にお待たせしたことと、不手際を謝罪。



アンケートも大勢集まり、恐る恐る見てみる。
こんなに待たせるなんて・・・、とか教員の数が少ない・・・、とか書かれているかなぁ。




ところが
全て好印象。




その理由は在校生たちの活躍。

学校内の見学や、学校説明会をやってくれた生徒たち。

文化祭の準備中にしっかり元気に挨拶をしてくれた生徒たち。

説明会を進行、説明した生徒会の生徒たち。

その生徒たちの自主的な動きや明るさにみなさん感心して下さいました。





「自分もこの学校を目標にがんばります!!」

「ウチの子もあの先輩のように自分で考えて動けるようになることを期待して、本校に入学させたいと思いました。」

「生徒会長サイコー!!」


など、本当に嬉しい言葉たちでした。






教員の不手際(?)を生徒たちが救ってくれました。

本当ありがたいです。



外部向けに説明会をするんだったら、みんなで協力してやりませんか。

文化祭の準備を「みんなでやるように」「一部に負担がかからないように」と指導しているのではないのでしょうか。

真剣にやれないのなら、説明会なんてやらなければいいだけ。



一人ひとりの先生は大好きです。

ゆる~い昔ながらの公立高校の雰囲気も嫌いではないです。

でも対外的な行事の時はビシっとしないといけないと思う。

初めの学校公開日も、受付に人がいなかったり、ドアを閉めて授業をしていたり、相当驚き管理職にはかなり厳しく伝えました。



世間の目はそんなに甘くないと思う。

信頼をつかめば、保護者も地域も温かい目でサポートしてくれる。

逆に一度信頼を壊すと、何でもかんでもクレームをつけられたりする。

だからこそ、対外的な行事には精一杯取り組まなければいけない。

学校のため、今の在校生のため、卒業生のため、そして自分自身を守るため。

そのチャンスでもあり、危険もあるのが対外行事だと思う。




公立だから、来たい奴が勝手に来ればいい。

そんな昔の公務員の意識を未だに持っているのは教員くらいだろう。



少しづつ失われる信頼が、どこかで爆発して大クレームとなる。

それをモンスターペアレンツだと処理しているケースも多いんだろうなぁ。




たった年数回の説明会や学校公開日。

もう少し教員全体で考えるきっかけを少しづつ作りたいと思います。

直後は職員会議で吠えようかなって思っていたけど・・・。

冷静に前向きにとらえてもらえるよう、考えます。
[PR]
トラックバックURL : https://shunsensei.exblog.jp/tb/11699384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nobbypapa at 2010-08-11 11:09 x
この「オープンスクール」なるものが学校経営全体の中でどう位置づけられているのか、そこを押さえて、生徒を褒め称える形で、改善策を提案するのが常道でしょうか?
Commented by shun-sensei at 2010-08-12 21:31
そうですね。
おそらく自分が言わなくても、副校長あたりが言ってくれるような雰囲気です。
なぜか知りませんが、今も続々と見学者が来ています。
不景気だからですかね。
by shun-sensei | 2010-08-07 15:22 | 職場関係 | Trackback | Comments(2)