映画 ハナミズキ 鑑賞

d0153971_17514399.jpg

たまに一人映画ブームがやってきます。

近くにある映画館で本日公開の「ハナミズキ」を見てきました。

公開初日なので混んでいるかなぁと思っていたのですが、午前の回でしかも田舎の駅から離れた映画館なのでガラガラでした。



「04年に発表された一青窈さんの楽曲をモチーフに、男女の変わらぬ思いをつづったラブストーリー」(まんたんウェブ)だそうです。

映画は基本的に事前情報はゼロの状況で見るのが好きです。

「ハナミズキ」も何も知らずに見たのですが、ストーリーが少し単調と言うか読めてしまうところが多かったです。

それでも何だか懐かしいような、甘酸っぱい気持ちがジワジワとくる映画でした。

映画のエンドロール後の最後にストーリーの最後が残っているので、せっかちな人は待つことを忘れないで下さい。






「薄紅色の可愛い君のね
果てない夢がちゃんと終わりますように
君と好きな人が百年続きますように」

「僕の我慢がいつか実を結び
果てない波がちゃんと止まりますように
君と好きな人が百年続きますように。」



まさにこの歌詞が作品のコンセプトというか、メッセージなんだろうな。







自分の夢をしっかりとみつめ、考え、貫いてかなえよう。
もっともっと仕事に生き生きと精一杯取り組もう。
昔の、人を好きになった頃の気持ちを思い出そう。
どう生徒に夢をもった進学指導をしたらいいのか。

そんなことを考えました。




生田斗真がめっちゃいい男で、そこが一番引き込まれたかもしれません。

実はエンドロールまで生田斗真だって分からず、誰なのかなぁと見ていました。

本当、カッコイイです。



向井理もこの映画の番宣であちこちテレビに出ていますが、いい俳優さんですね。

「休みはありますか?」
の質問に
「ありますねぇ、月に一回くらい頂いています」
と答えたのがとにかく印象的。





マンハッタンのセントラルパークのシーン。

知り合いが今度ニューヨークに行くのですが、セントラルパークでボ~っと過ごしたいと言っていました。

そんなことしたいの???ってその時は思いましたが、映画を見て何だか納得。

いつか一年でもいいから海外で仕事してみたいな・・・ってちょっとだけ思いました。
[PR]
トラックバックURL : https://shunsensei.exblog.jp/tb/11782029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shun-sensei | 2010-08-21 18:33 | 趣味報告 | Trackback | Comments(0)