四川料理にハマる

最近モロハマり中の四川料理屋さん。

夏の暑い時期って辛いものを欲しますよね。

その時に通っていたら、未だに抜け出せずにいます。

ただ辛いだけでなく、色々な香辛料が混ざり合います。
d0153971_7173753.jpg

d0153971_7173928.jpg

口水鶏、よだれ鳥とも呼ばれています。

蒸し鶏の特製ソースです。

タレは辛さと酸味と甘みと豆豉の味が混ざります。

このお店に行くと必ず最初に頼む一品。

最近は行くと「口水鶏ね」と注文する前に言われてしまいます。

d0153971_7174111.jpg

こちらは麻辣鶏。

さっきのは唐辛子の辛さですが、こちらは山椒の痺れが加わります。

キュウリや玉ねぎや落花生と味も食感も爽やかな感じに。
d0153971_7174394.jpg

空心菜の炒め物。

さっぱりと塩味で。

たまに頼みます。
d0153971_7174459.jpg

もう一つハマった辣子鶏丁です。

小さめの鳥の唐揚げに、唐辛子や山椒、玉ねぎやピーマンなどのみじん切りを揚げて炒め和えしてあります。

塩スパイス味の唐揚げって感じでしょうか。

おじさんに聞いたところ、唐辛子は食べないのが正解らしい。

そりゃそうか。

こちらもハマりました!
d0153971_7174654.jpg

海老の四川風炒め。
d0153971_7174752.jpg

いつも薦められて、ついに昨日初体験の水煮牛肉。

四川料理屋の定番だそう。

牛肉と様々な野菜が煮込まれていまし。

汗をダクダクにかきながら、フーフーヒーヒー言いながら食べました。

こちらもハマりそう。

見た目ほどは辛くないです。
d0153971_7174881.jpg

ハチノスと牛スジの和え物。
d0153971_7174985.jpg

定番の麻婆豆腐にはアボカドが入ってます。

甘みは抑えたガツンとした味つけです。
d0153971_7175165.jpg

焼きギョウザは肉の餡がデカ目。

この焼きギョウザを口水鶏の残ったタレで食べるのがマイブーム。


口水鶏や麻辣鶏は480円で一番高い水煮牛肉でも1080円ととてもリーズナブル。

大体二人で口水鶏➕二品➕ビールで4000円くらいのディナー。


お昼はさらにリーズナブルです。
d0153971_7175220.jpg

サラダと漬物と一品小皿にご飯ものにはスープがついて。
d0153971_7175458.jpg

d0153971_7175548.jpg

担々麺。

こちらも辛さの中に深い味わいのスパイスが。

ハマる原因になったもう一つの一品です。
d0153971_7175678.jpg

海鮮レタスチャーハン。
d0153971_7175835.jpg

牛肉の辛いチャーハン。
d0153971_717598.jpg

d0153971_718079.jpg

回鍋肉や豚肉と木耳のタマゴ炒め。

こちらにはライスがつきます。
d0153971_718267.jpg

夏限定の冷やし担々麺。

こちらも絶品です。
d0153971_718384.jpg

麻婆豆腐ランチ。
d0153971_718379.jpg

牛肉の麻辣麺。
d0153971_718580.jpg

鳥肉の四川風炒め。



これらに最後は自家製の杏仁豆腐がついて、

麺とチャーハンは780円、炒め物の定食は680円です。




ってことで、みなさんおいしい四川料理が食べたくなったらいつでもいらして下さい。
[PR]
トラックバックURL : https://shunsensei.exblog.jp/tb/19723301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shun-sensei | 2013-09-27 06:26 | グルメ | Trackback | Comments(0)