『授業の見方「主体的・対話的で深い学び」の授業改善』を読んで

ふとアマゾンで見かけ、購入をして読みました。


授業の見方「主体的・対話的で深い学び」の授業改善。

改めて自分自身の授業を客観視したいという気持ちがきっかけでした。


読んでみて新たな発見のようなものはありませんでした。

しかしながら講演会や研修会などでお話しさせていただく時の視点や伝えるべきことをまとめ直すことができました。

今回はそのような視点で読んだ感想というか、自分がまとめ直した内容を記録したいと思います。


まず本書は小学校の教員、その中でも社会科が専門の方が書いた本です。

小学校の教員の後、指導主事等を長く勤められ、現在は文部科学省視学官をされています。

どうしても小学校の授業、そして社会科の授業で具体例が取り上げられるため、他教科の先生ではつながりにくい点も感じられるかもしれません。

私も一回目に読んだときはそうでした。

まぁ、社会科だとね、とか、小学校だとそうだよね、という感じです。

しかし、改めてそれを現在の自分の勤務する高校英語に置き換えた時、様々な視点が見つかりました。



まず初めに英語の授業の目的とは何でしょうか?

皆さんが英語の授業を通じて生徒にどのような力をつけさせたいと思っているでしょうか。



自分自身が昔思っていた疑問点、指導の難しさはこの本質的な理解のズレが原因だったと思います。

必要な英語力をつけさせる。

そのために目指していたのが、必要な単語を覚えさせ、英文法や英語構文を理解させること。

教科書本文で出てきた重要な語彙や重要な文法項目、構文などは必ず伝えなければいけない。

生徒が自分自身で英文の構造を見抜けることができるように指導をしなければいけない。

教科書本文を理解させなければいけない。

このような観点で授業つくりをしていました。

当然授業時数は足りず、あれもこれも説明しなければと必死でした。

当然教科書会社が書いているいわゆる指導書は常に持ち歩き、教え漏れがないように心がけていました。

英文法や構文を上手にわかりやすく教え込むことに必死になり、パワポなどのスライドを用意して板書時間などの節約も目指した時期もありました。

徐々に解説型から自分で解説プリントを読みながら答え合わせを自主的にするタイプの授業にシフトしましたが、それでも英文構造を徹底的に解説しようという姿勢は変わりませんでした。

若干新出表現を使う機会(和文英訳を用意)を設定し、定着させようという工夫をするものの、それでも教科書本文を理解させることに重点を置いた授業でした。



現在の自分の目指す授業は当時からすると180度異なる方針と言えるでしょう。


具体的な指導例も含めて、今の自分の授業について紹介します。

まず教科書本文はあくまでその単元のテーマの理解を深める一部にすぎません。

教科書はある程度現在の生徒自身の力で理解できるようなレベルの教科書を使用します。

語彙だけを取り出して活動などは高2の今は一切行いません。

一文だけを取り出して訳したり指示語の内容を問うたりもしません。

あくまで教科書を活用して、何を考えさせ、何ができるようになるか、を考えて授業を構成していきます。



例えば最近ある機会に作った授業を紹介したいと思います。

この単元ではマダガスカルにおける環境破壊を扱っています。

人々の環境破壊により、バオバブという木が切り倒され、その結果洪水などの2次被害が起きています。また、森林破壊によりそこに生息していたこの島特有の動物などが住処を失います。それでも現地の方々は生きるために環境を破壊してお金を稼ぐしかできません。そこで様々な機関が環境教育を重視し、自然を実際に守る取り組み現地の学校で行う。

大体の概要は上記の通りです。

英文は決して優しくなく、また様々な文法や構文が章末に取り上げられます。


皆さんであればこの単元を通じて何を生徒に学ばせたいでしょうか。



私はこの単元を通じて、生徒に物事を見る視点を変えると全く異なって状況が見えることを繰り返し体験させました。

初めに環境破壊をなんで止められないのか、という点に注目して読んだり考えさせたりします。

我々先進国の立場から見るとこれ以上環境破壊はするべきではない、という一種の固定化した見方があります。

しかし当然我々が過去に環境を破壊した歴史があり、その上で現在の先進国という立場を確立しました。

今必死に生きようとする人たちに理解してもらうためにはどうすればよいかを考えさせます。

動物が住処を失いかわいそうと言うが、この便利な都会に住みながら環境を変えるなという主張はどう彼らには映るのか。

彼ら自身が自分たちの意思で持続可能な生き方を納得して見つけていくことしか方法はない。

そのためには教育環境が整えられなければいけない。

我々にできること、我々が主張することができることは何だろう。

その他の環境に関する問題にも同様の問題が存在するが、日本はどのような立場を取り、どのような役割を果たしていくべきだろうか。

そのために高校生の我々にできることは何だろうか。



以上のようなことを基本的には英語で読み、聞き(観て)、話して、書かせます。

4技能を駆使しながら、伝えきれないもどかしさと闘わせながら、できる限り深く考えさせるような授業を展開します。

教科書はあくまで授業のきっかけです。

生徒は物事を見る視点の大切さを知り、相手の立場に立つことの大切さを学びます。

世界における日本という立場を考えさせられ、本当の意味で世界にどのように貢献するべきかを考えます。

結果的にですが、教科書に登場するものはもちろん、そうではない語彙などもはるかに多く定着させていきます。

sustainable developmentなどと言った語彙が授業内で乱発されるため、必然的に彼らの中で豊富な語彙が形成されます。




英語「を」学ぶのではなく、英語「で」何を学ばせるか。

生徒の関心意欲を高めるような工夫を行い、心を揺さぶりながら次々と英語を使って様々な活動を行います。

教科書本文自体の表現を使わせることもとても大切なことなのでそれを大切にしながらも、そこからはみ出すことも次々と行います。

教科書本文の定着で止まらずに、さらに視野や視点、論理性や表現力、判断力や思考力も育成していきます。

結果的に数年間指導を行うと、他校の先生方からは「おたくの生徒さんだからこのような授業ができるのでしょうね、ウチではとても無理です」と言われるような自慢の生徒が育ちます。

指導がなくてもそのような力になる生徒もいたでしょう。

指導をしているが、授業のレベルに成長がついていかず幼いままの生徒もいます。

しかし、間違いなく、他校で指導を受けていたらここまで成長しなかった、こんな生き生きと学びに向かっていなかった生徒も大勢いると手ごたえを感じています。




通常の授業のやり方とは異なるため、生徒には授業の狙い、どのような力がつくのか、それが受験にもどのように役立つのか、我々が育てたい生徒とはどのような生徒なのか、等々逐一説明します。

文法や構文などだけを取り出して行う授業も併用しています。

週に1時間だけですが、それだけでも本当の英語力をつけた生徒であれば十分に力をつけられるようです。




定期考査が共通問題で同僚問題がある、など正直難しさもあるかもしれません。

しかし、まずは自分自身の授業の視点を考え直してみてはいかがでしょうか。

この本で紹介されている様々な授業の見方、考え方、は自分自身が授業を作っているときに大切にしていることばかりです。

生徒が自ら学びに向かいたいという気持ちになり、他者との対話を通じて自分自身の考えや意見を整理し、さらに深く考えさせるような課題に取り組ませながら、生徒の人間性を高めていく授業。

教科書や知識はあくまで考え、判断し、表現するための手段として活用し、その先にある答えのない問題に立ち向かわせる。

そのような学びを目指して今後も授業作りにこだわっていきたいと思います。

[PR]
トラックバックURL : https://shunsensei.exblog.jp/tb/25329938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shun-sensei | 2017-11-04 09:23 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)