分掌主体の学校運営の問題点

転職をして3年が過ぎ、本格的に分掌主体の学校運営へのシフトチェンジが完了しました。

大量採用の団塊の世代の先生方が定年を迎え、若手中心の本校における経験年数の少ない先生方が増えている中、学年任せであった運営を分掌主体へと変えてみました。

そのようにすることで、学年ごとのブレが少なくなり、連携の取れた制度の高い運営が可能だろうという意図で行ったのですが、実際にやってみたところ問題点も見えてまいりました。



まず一つが学年に入る一部の先生の思考停止のような状態が起きたことです。

自分たちが主体で行っているわけではないため、何でも受け身、言われないと動けない、場合によってはうまく学年に伝達ができないケースが見受けられました。

学年内の担当者の役割が薄まりすぎたというか、その先生自体の責任感の低さが問題なのか分かりませんが、さっそく幾つかうまく機能しない学年が発生しています。



同時に分掌内の担当者の意識の差も顕著であり、一人で一学年を担当できず、結果的に一部の主任に大きなしわ寄せが発生してしまいました。

人材の確保、その後の育て方、など色々と考えさせられることが多いですが、これからはもう少しバランス良くはっきりと仕事を明示することも必要なのかもしれません。

仕事を明確化するとともに、一人一人の先生が言われなくても主体的に仕事内容を考え、自分自身で考えて行動するような研修制度が今後は必要となってくるでしょう。



スーパーな教員集団であった本校の先生方も入れ替わりにより戦力が下がっているのが事実。

その戦力補強のためにも、質を上げる工夫は不可欠でしょう。

同時にどれだけの戦力の高い教員を採用していけるか。

そこで同時に考えなければいけないのが、待遇面と業務量のバランスです。

これまではその点にあまり疑問を持たない先生方に支えられていたというのが正直なところです。

情報化の時代の今、なかなかそれでは優秀な人材は集まり切らないようです。

また業務面の多さも狭い世界の中では有名になってしまっています。

病気になられる方の多さなど、決して業界内の評判は高くないでしょう。

今一度全体の業務量の調整なども必要かもしれません。



学年団任せの学校運営では見えてこなかった問題点です。

学年団内で調整をし、できる範囲で行事や総合的な学習の時間などを運営してくださっていたからでしょう。

できなければやらない、の判断が学年にはできます。

しかし学年外の分掌主体の運営ではそのような部分は見えて来ず、どうしても一律にやろうという要素が強まります。

もっとやりたい、あれもこれもこだわりたいという学年もいる一方で、まったくもってうまく回らない学年、ただ形だけやればいいんでしょという学年、など決してうまく回っている印象ではありません。

難しい限りです。


これらの問題点をこれから一年と少しかけて調整していきます。

同時にいよいよ受験生という一大イベントが待っています。

学校全体の運営面と、自分たちの学年の運営と2つの軸をバランス良く、満足のいく仕事をしていきたいと思います。

そして何よりプライベートの時間も充実させていかないとです。

[PR]
トラックバックURL : https://shunsensei.exblog.jp/tb/26190713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shun-sensei | 2017-12-02 11:01 | 中高一貫校職場関係 | Trackback | Comments(0)